極少パーツ&極薄アッパーで実現した軽さはなんと片足199g!

極少パーツ&極薄アッパーで実現した軽さはなんと片足199g!

極少パーツ&極薄アッパーで実現した軽さはなんと片足199g!の画像

ランニングシューズに求められる機能はさまざまありますが、履きやすさやクッション性の高さはいうまでもなく、やはり“軽さ”も大事。シューズ選びの際はチェックしておきたいポイントです。

人気スポーツブランド・SALOMON(サロモン)の新作オンロードトレーニングシューズ「S/LAB PHANTASM(エスラボ ファンタズム)」(2万2000円)は、片足の重さが199g(27cm)と超軽量化を実現。タイム短縮を目指すランナーにとって、最適な仕様を備えた一足に仕上げられています。

アッパーは長年の開発で培ってきた圧着技術により、わずか20余りという少ないパーツ数に。さらにシングルレイヤーの極薄メッシュアッパーを用いることで、超軽量化を実現しています。

また、ランナーの脚の動きを分析し、足首から踵部の必要な個所にのみメモリーフォームを配置。的確にホールドすることで、快適な走行をサポートします。

ミッドソールには着地の衝撃を次の一歩へのパワーへと変換する“エナジーサージミッドソール”を、アウトソールには確かなグリップ力に加え安定した走行をランナーにもたらす“コンタグリップアウトソール”をそれぞれ採用。そして、爪先と踵に角度が付いたリバースキャンバー形状により、脚の回転数を自然に高めるとともに前方向への推進力も倍増させます。

サイズはユニセックス・ハーフ刻みで23.0〜28.5cm。スタックヘイトは20mm/14mm(6mmドロップ)。カラーは足元に鮮烈な印象をもたらすレーシングレッドのみとなります。

ピッチ走法でのスピードアップを大きくアシストする驚異的な軽さと圧倒的な推進力を兼ね備えたサロモンの最新ランニングシューズで、タイムアップを目指してみませんか。

>> サロモン

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆Onを代表するモデルとなった「Cloudswift」のクッション力がさらに進化!
◆サブ3.5を目指す人!MIZUNO ENERZYが走りをサポートしてくれますよ
◆Boostフォーム6%増量!さらに進化したアディダス「ULTRABOOST 21」

関連記事(外部サイト)