名作「MOTHER2」の非売品スカジャンがなんと復刻&一般販売!

名作「MOTHER2」の非売品スカジャンがなんと復刻&一般販売!

名作「MOTHER2」の非売品スカジャンがなんと復刻&一般販売!の画像

コピーライターの糸井重里氏が監修したRPGゲーム「MOTHER」シリーズは、第1作が1989年発売と30年以上経っていますが、今もファンの多いタイトルです。なかでも1994年発売の「MOTHER2 ギーグの逆襲」の人気は高く、後に任天堂の社長となる故・岩田聡氏が開発を手がけたことでも知られています。行き詰まっていた開発状況を確認した岩田氏が糸井氏に「いまあるものを活かしながら手直ししていく方法だと2年かかります。イチからつくり直していいのであれば、半年でやります」と語ったという逸話は有名です。

そんな伝説のゲーム「MOTHER2」ファン垂涎のアイテムが登場。それが「MOTHER2 スーベニアジャケット」(8万8000円/配送手数料別)です。1994年にソフトの発売を記念して、スタッフや関係者のみに配られた非売品のスカジャンを限定復刻したアイテムです。

非売品スカジャンの復刻版である「MOTHER2 スーベニアジャケット」は、ファッションデザイナーの森永邦彦氏が率いるANREALAGE(アンリアレイジ)と、ほぼ日MOTHERプロジェクトが共同開発。

さらに、半世紀以上スカジャンを作り続けてきたTAILOR TOYO(テーラー東洋)が生産を担当。ジャケットには「ほぼ日MOTHERプロジェクト×ANREALAGE×TAILOR TOYO」のトリプルネームが入っています。

背中には「MOTHER2」の印象的なタイトルロゴが大胆にあしらわれ、ロゴの「O」部分の地球も忠実に再現されています。なお、ジャケットはリバーシブル仕様となっており、裏面は派手な赤色が基調となっています。もちろん、いずれの面にもポケット付き。

サイズはSからXXLまでの5種類を用意。なお、東京・渋谷PARCOの「ほぼ日カルチャん」では、2月28日まで各サイズのサンプルを試着でき、サイズ感を確かめられるようになっています。

販売期間は2021年2月25日(木)午前11時から、3月22日(月)午前11時まで。用意している各サイズの数量が売り切れ次第、受注生産販売に切り替えられる予定です。数量限定販売分の出荷時期は、1〜3営業日以内で、受注生産分の出荷時期は10月上旬です。

不朽の名作ゲームの関係者だけに配られた非売品スカジャン。この機会に入手してみませんか。

>> 「日MOTHERプロジェクト」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆凝りすぎ感ハンパない!ギミック満載な巨大マジンガーZを作ってみる?
◆8bit感がしっくりきすぎ!レゴでスーパーマリオを再現しよう
◆「金田のバイク」11年ぶりのリバイバル【GP FRONTLINE】

関連記事(外部サイト)