ポケットたっぷりのシャツとパンツでキャンプ&BBQの悩みを解決!

ポケットたっぷりのシャツとパンツでキャンプ&BBQの悩みを解決!

ポケットたっぷりのシャツとパンツでキャンプ&BBQの悩みを解決!の画像

アウトドア調理でよくあるのが「あれ、トングどこ置いたっけ?」「塩コショウって今誰か使ってる?」なんて、ちょっとした小物が一瞬にしてどこかに消えるという謎現象。互いに声をかけながら料理するのも楽しいけれど、ちょっと凝ったメニューを作っているときにスムーズに作業が進まないのは困りますよね。収納付きエプロンを使う手もありますが、今の季節はさておいて、気温が上がる季節の重ね着はやっぱり暑い…。

そんな悩みを解決してくれるのが、アウトドアブランド・Columbiaから3月12日発売の「ツキャノンアイルシリーズ」。芸能界きってのアウトドアフリークとして知られるたけだバーベキュー氏とのコラボと聞けば、ちょっと気になる人も多いのでは。

今回「ツキャノンアイルシリーズ」として発表されたのは、BBQをはじめとするアウトドアでの調理に特化して企画されたアウトドアウエア。メイン生地には、調湿性と通気性を備えた紙繊維との混紡素材を使うことで、暑い季節にもさらりと着られる快適な着心地を実現。また、火の近くで作業することを考え、ピンポイントで難燃素材を組み合わせています。

まずはトップスからご紹介。「ツキャノンアイル ロングスリーブシャツ」(1万8000円/税別)は、身頃前後に無数のポケットを装備し、この1着でさまざまなモノを収納&携帯できるウエアです。例えば、右胸についている縦長ポケットは調味料などをボトルごと “装着” できるスパイス専用ポケットで、左胸中央についているのは夏のアウトドアに必須のサングラス収納専用ポケット。

背面の大きなポケットに焚き火用のグローブや炭ばさみなど調理以外の焚き火ツールを入れておけば、火加減の調整が必要になった時にいつでも取り出せて便利です。

また、例えばサングラス専用ポケットは内側にソフトな起毛トリコット素材を使ったり、背面ポケットは砂や小石などが落ちやすいメッシュ素材を使うなど、それぞれのポケットは用途に応じた工夫が施されているのも気が利いています。

さらに注目したいのは“バーベスリーブ”と名付けられた袖口部分。あらかじめメッシュ地のゴムが仕込まれているから、まくり上げた袖が落ちてくる煩わしさとも無縁です。「真夏に長袖は暑いな〜」という人のために、同仕様の半袖バージョンとして「ツキャノンアイル ショートスリーブシャツ」(1万6000円/同)もラインナップ。

また、セットアップでも使えるボトムスとして「ツキャノンアイル パンツ」(1万8000円/同)も同時発売。最も火元に近いひざ下には、火の粉の付着を想定して難燃素材を配置。腰の部分には、モノの出し入れがしやすい大型立体ポケットとともに火吹き棒専用ポケットをレイアウト。さらに、太ももの前側には座ったままの状態でも使いやすいサブポケットを配置しており、スマホやライターなど頻繁に取り出す小物の収納に最適です。

摩擦の多いお尻部分はスレ防止のために強度を高めたリップストップ難燃素材を使用。トレンド感を押さえたワーカーテイストのシルエットもおしゃれです。シャツ、パンツともに、カラーはマスタード、ネイビー、モカの3色展開で、サイズはS〜XLの4サイズが用意されています。

さらに今回のコラボに合わせて、Columbiaの定番キャンプシューズからも、たけだバーベキュー氏オリジナルカラーモデル「ヘイジーレイジーミッド オムニテック」(1万4000円/同)「ヘイジーレイジーモック オムニテック」(1万1500円/同)が登場しています。

足元の不快なムレを抑える防水透湿機能 “オムニテック”や、燃えにくいカウスエードの防水レザーアッパー、楽にしゃがめるよう屈曲性を高めたラバーソールなど、こちらもアウトドアシーンでの使用を考えたアイデアが満載。シューエンドやストラップエンドには、たけだバーベキュー氏のイメージカラーでもあるイエローを差し色として効かせています。

スムーズに調理できて、火にも強くて、さらにおしゃれに着こなせるって完璧すぎる! 身につけるだけでワンランク上の焚き火とBBQが楽しめそうです。

>> たけだバーベキュー×Columbia

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆カリマー初のキャンプウエアはカモ柄使いが絶妙で街着にもイイ!
◆これぞアーバンアウトドア!絶妙な仕上がりのロゴス×ナノ・ユニバース?
◆海でも山でも街でも使えるヘリーハンセンの新作レインウエア?

関連記事(外部サイト)