カモフラとネオンカラーを融合させたG-SHOCKで街に繰り出そう

カモフラとネオンカラーを融合させたG-SHOCKで街に繰り出そう

カモフラとネオンカラーを融合させたG-SHOCKで街に繰り出そうの画像

高機能なアウトドアアイテムと都会的なスタイルを融合させた“アーバンアウトドア”は、ファッションのひとつのジャンルとしてここ数年ですっかり定着してきました。とはいえ、大人な男がファッションにアウトドアテイストを取り入れるのは意外と難しいもの。スタイリッシュにまとめるはずが、アウトドアっぽさを出しすぎてかえって野暮ったくなってしまった、なんて経験をした人も少なくないのではないでしょうか。

その点、今回G-SHOCKよりアーバンアウトドアをテーマに新登場する「シティ・カモフラージュ・シリーズ 」なら、小物使いで気軽に取り入れられそうです。定番のスクエアデザインの「GW-B5600CT」ほか、5機種がラインナップです。

2月に新発売のG-SHOCK「シティ・カモフラージュ・シリーズ」は、ブラックをベースカラーに、アクセントカラーにオレンジとブルーを採用。都会の街のネオンを表現しています。

ラインナップは「GW-B5600CT」(2万3100円)、「AWG-M100SCT」(2万6400円)、「GAW-100CT」(2万7500円)、「GA-140CT」(1万5950円) 、「GA-700CT」(1万7050円)の 計5モデル。

定番のスクエアモデル「GW-B5600CT」は、ソーラーパネル部分がモノクロのカモフラ模様になっているのが特徴。Bluetooth搭載電波ソーラーでスマホと連携、標準電波による時刻修正システムに対応しています。

小ぶりなデジタルとアナログのコンビネーションモデル「AWG-M100SCT」と、力強いビッグケースが特徴の「GAW-100CT」は、文字板にモノクロのカモフラパターンを配置。わずかな光も動力に変える独自のソーラーシステム“タフソーラー”を搭載するほか、標準電波による時刻修正システムに対応しています。

武骨なフォルムの「GA-140CT」とダイナミックなスタイルの「GA-700CT」は文字板にメタリックのカモフラパターンをデザイン。電池はコイン型リチウム電池で、 「GA-140CT」はCR1220で電池寿命は2年、「GA-700CT」はCR2016で電池寿命が5年。

中空ケースによる耐衝撃構造や20気圧防水機能などはそのままに、タウンユースしやすいスペシャルカラーを配したG-SHOCKの新シリーズ。気になる人はぜひチェックを!

>> G-SHOCK

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆タフなのにスケルトン!まさに男心をくすぐるG-SHOCK?
◆G-SHOCKの5600系が佐藤可士和の手でデザインチェンジ!?
◆達磨の顔したG-SHOCKって縁起が良さそう!?

関連記事(外部サイト)