トライアスロン用だから競技を問わず履きこなせる工夫アリ!

トライアスロン用だから競技を問わず履きこなせる工夫アリ!

トライアスロン用だから競技を問わず履きこなせる工夫アリ!の画像

水泳、自転車ロードレース、長距離走を組み合わせた究極の耐久レース、トライアスロン。アスリート専用?と思いきや、デサントが新たにリリースしたトライアスロン用シューズ「DELTA LD」(1万6000円/税別)は、疲れた状態でも走りやすく、より長く走れるようシューズのサポート力を強化しているので、あらゆるランナーにも最適な一足なんです。一般的なランニングシューズとはひと味違う、競技特性に合わせた通水性などの機能も特徴です。

スイスやイギリスなど、トライアスロン強豪国のナショナルチームをサポートしてきた実績のあるデサントの「DELTA LD」。2019年に登場したブランド初のトライスロンシューズ「DELTA TRI OP」の機能を受け継ぎつつ、さらにアップデートを果たしています。

注目したいのは、デサント独自開発のテクノロジー“DELTA SYSTEM”。衝撃緩衝材、特殊プレート、EVAを組み合わせたミッドソールにより高い推進力を発揮し、疲労時のランニングをサポートします。さらに、ヒール高のピークを前方まで延長し、親指つけ根のボール部までの傾斜を急激にすることで、前に進む推進性をさらにアップ。

ミッドールは、踵部は安定性に、前足部は反発性に優れた硬度と、前後で異なる硬度に設定。また、内外非対称の構造で、ランニングの接地時のブレを抑えて安定性をサポートします。

トランジションエリアでシューズを素早く脱ぎ履きしやすい工夫も特徴で、かかとには踏みつけても折れたままにならず、割れにくい柔軟さとタフさを兼ね備えた新素材 “リバウンドヒールカウンター” を搭載。さらに、かかとに指を通せるバックタブを装備し、シュータンにも穴を設けています。

裸足でシューズを履くという競技特性のため、シューズ内部の段差を極力なくすことで、履いた時の不快感を軽減。アッパーとライニングの間にサポートパーツを配置した3レイヤーの“LOOSE LAYER FIT構造”を採用し、サポート性とフレキシブル性も高めています。

また、競技柄、水に濡れることを想定して、アッパー、アウトソールに穴を開け通水性を確保しているため、シューズ内の蒸れも逃がしてくれそうです。

普段履きにしても違和感のなさそうな落ち着いた印象のデザインもGOOD。カラーはブラック/ソレイユオレンジ、ネイビー/レッド、レッド/ホワイトの3タイプです。

>>?デサント「DELTA LD 」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆メレルの人気モデル「MOAB」の新作はアーバンアウトドアにピッタリ!?
◆極少パーツ&極薄アッパーで実現した軽さはなんと片足199g!?
◆Boostフォーム6%増量!さらに進化したアディダス「ULTRABOOST 21」

関連記事(外部サイト)