「聞き取りにくいんですけど…」をノイキャンで防いで会話はスムーズに!

「聞き取りにくいんですけど…」をノイキャンで防いで会話はスムーズに!

「聞き取りにくいんですけど…」をノイキャンで防いで会話はスムーズに!の画像

自宅でのオンライン会議中に、隣の部屋から掃除機の音がブオォォーン! これでは会議どころじゃないし、かといって掃除を中断させてしまうとちょっとギクシャク…。それならノイズキャンセリングで周りの雑音をカットしちゃいましょう!

クリエイティブメディアから発売されているハイレゾ対応USB DAC「Sound Blaster Play! 4(サウンド ブラスター プレイ! 4)」(3380円)は、ビデオ通話やボイスチャットなど、オンラインコミュニケーションでの音質を向上してくれるツール。もちろん、普通のDACとしても使え、音楽のハイレゾ再生も可能です。

「Sound Blaster Play! 4」は、サイズ約16×138×82mm、重さ約8.3gの超小型のUSB DAC。一般的な4極プラグのヘッドセットを本体と繋ぎ、コンピューターなどのUSBタイプCポートに差して使います(USBタイプAでも付属のアダプター使用で接続可)。

特に効果を発揮するのは、Windows PCでインストールできる専用ソフト・Creativeアプリの“スマート コミュニケーション キット”を使用した場合。具体的な効果としてまず挙げられるのが、“双方向ノイズキャンセレーション”によるオンライン通話での背景ノイズ音削減です。エアコンや掃除機の発する気になる背景ノイズ音を、“Noise Clean-Out機能”は自分側、“Noise Clean-in機能”は相手側の両方で抑制。お互いにクリーンな声が届くので、自宅や外でも会話がスムーズに行えます。

オンライン会議で便利なのが“VoiceDetect機能”。これは自分の発した声を検知して自動的にマイクがオン/オフされる機能で、発言した時だけマイクが有効に。マイクを切り忘れて他人の発言を邪魔したり、切ったままのマイクで話し続けてしまったりすることもありません。また、本体のミュートボタンを押せば任意でマイクを切れるので、オンライン通話中に近くの人と会話もできます。

もちろん、普通のオーディオ用DACとしても使うことができ、110dB 最大24bit/192kHzのハイレゾ再生が可能。イコライザー機能を内蔵しており、本体のEQボタンを押せば、躍動感のあるサウンドを伝える“ダイナミックEQ”や、低音の迫力が増す“バスブースト”で音質を強化することも。PS5やPS4、Nintendo Switchなどのゲーム機にも対応しているので、ゲーミングDACとして使えます。

超コンパクトなのに、オンライン会議、ボイスチャット、音楽再生、ゲームとマルチに活用できるUSB DAC。最近流行の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」でも活躍してくれそう。

なお、同社から、こちらもオンライン会議で活躍しそうなノイズキャンセリング機能搭載のヘッドセット「Creative HS-720 V2」(3800円)も同時発売されているので合わせてチェックしてみては?

>> クリエイティブメディア

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆iPhoneでハイレゾ聴くならDAC内蔵Lightningケーブルという手もアリ!?
◆beyerdynamicヘッドホン専用アンプで外でもハイレゾ楽しんでみては?
◆CDにラジオにBluetooth!ラジカセ感覚で気軽にイイ音を楽しもう?

関連記事(外部サイト)