在宅時間が増えたなら革靴を本気でメンテしてみない?

在宅時間が増えたなら革靴を本気でメンテしてみない?

在宅時間が増えたなら革靴を本気でメンテしてみない?の画像

長引くおうち時間。動画鑑賞やゲームばかりじゃつまらない…。料理も毎日やっているし、ちょっと違う趣味はないかな…という人。“靴磨き”をはじめてみませんか?

くたびれた革靴が美しくよみがえる喜び、無心に没頭できる時間、磨き上げた達成感、そして革靴も長持ち。趣味にはうってつけで、相当奥が深いと言われる “靴磨きの世界”。初心者のための靴磨きセットをご紹介します。

“英国のストーリーあるライフスタイル”をコンセプトとする BRITISH MADEから、「オリジナルシューケアキット」(1万3200円)が登場。

汚れを優しく落としてくれるレザーケアクリーナー、ホコリ落とし用の馬毛ブラシ、靴磨きに適した柔らかな素材のネルクロス、革を保湿しツヤ感を与えるシューケアクリーム。クリーム浸透用の豚毛ブラシの計5点が専用ポーチに入った、これから靴磨きを始める人にピッタリの基本セットです。

「本格的な靴磨きってどういう感じ?」とイメージしにくい方のためにメンテナンス方法をご紹介します。
1. シューレースを外す
シューレース(靴ひも)にクリームが付着するのを防ぐために外します。シューツリー(別売り)を入れて革を張ってアッパーの履きジワを伸ばし、お手入れの準備は完了です。
2. ホコリをおとす
コシのある馬の尻尾を使用した「馬毛ブラシ」で隙間に入ったホコリをしっかり落としましょう。つま先方向に向かって全体を撫でるようにブラッシングするのがコツ。
3. 汚れを落とす
クロスにクリーナーを少量つけ、古いクリームやワックスを取り除きます。やわらかなネルクロスにクリームを取り、少しずつ塗り込んでいきます。
4. クリームを浸透させる
クリーム浸透用の「豚毛ブラシ」で全体を再びブラッシング。ハリとコシがあり磨きに最適な豚毛で、クリームを革靴にしっかりと馴染ませます。
5. クロスで乾拭きして完成
指に巻きつけやすい長方形サイズにカットされたクロスを使用し、圧をかけながらギュッギュと絞る感じで磨くのがポイント。くたびれた革靴が見違えるほどきれいによみがえります。

大切な革靴を長く使い続けるためには、日々のお手入れが大切。愛情を込めてメンテナンスすれば、数年、数十年と寄りそってくれる大切なパートナーに成長するでしょう。

>>BRITISH MADE

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆毎日ガマンせず履ける革靴で快適なビジネスタイムを?
◆革靴だけどミズノウエーブ!快適さと歩きやすさが違います?
◆暑い日でも革靴がマストならムレ防止機能は必要だよね!?

関連記事(外部サイト)