使って実感&痛感!クルマでアレクサできる「Echo Auto」の利点と注意点

使って実感&痛感!クルマでアレクサできる「Echo Auto」の利点と注意点

使って実感&痛感!クルマでアレクサできる「Echo Auto」の利点と注意点の画像

2020年秋に発売されたAmazonの車載デバイス「Echo Auto」。価格は4980円。これを実際にBluetooth経由で使用してみました。その際につまづいたところ、便利だったことなどをまとめてみます。

なお、運転中の操作は危険です。デバイスの設定操作は必ず駐車場などに車両を停めた状態で行いましょう。

 
■設置の流れ
仕事柄、普段からITガジェットに触れる機会が多いので、Echo Autoもすんなり使えるだろうと甘くみていました。しかし、スマートフォンとカーナビ、Amazon Echoをそれぞれ接続することになるので、意外と初期設定が複雑。ちょっと苦戦してしまいました(もちろん、正しく手順を追えばしっかり設定できますので、ご心配なく)。

今回検証に使用したデバイスはiPhone 11 Pro(iOS 14)。そして、Hondaの純正カーナビ「Gathers(ギャザズ)」です。

ユーザーが初期設定としてやるべき作業は

(1)カーナビ(カーステレオ)とスマホを接続
(2)スマホとEcho Autoを接続

この2点。そして最後に

(3)Alexaにボイスコマンドで指示

することで、カーステレオから音が出ます。

 

■Bluetoothでスマホとカーナビを接続する
さっそくスマートフォンとカーナビをBluetoothで接続します。具体的な手順は、カーナビや車種によっても変わってくるとは思いますが、本稿では筆者が乗っている車での場合を解説します。

筆者のクルマに搭載しているGathersでは、iPhoneをBluetoothに接続する際は「オートペアリング」機能を使いました。この時、一度USB端子からLightningケーブルを伸ばして有線で端末に接続する必要がありました。

iPhoneのBluetoothをオンにする
USBケーブルで車に接続する
カーナビ画面に表示されるデバイス名とパスキーを確認し「はい」をタップ
電話帳を登録するか?と聞かれるので、必要に応じて「はい/いいえ」を選択する

以上で、iPhoneとGathersの接続が完了です。

実は当初、「iPhoneはケーブル接続しないとオートペアリングしない」を見落としていました。Android端末が勝手に接続されていたので、説明書を読まずに接続しようとしたことで苦戦。お恥ずかしい限りです。やはり説明書をしっかり読むのは大事ですね。

この設定が終わった時点で、iPhoneで音楽を再生するとカーステレオから音が出るようになっています。例えばApple Musicで楽曲を再生したいという場合には、Bluetooth接続された状態でスマホで再生するだけでカーステレオで楽しめます。スマホホルダーなどに設置した状態でSiriを使えばハンズフリー操作もできますよ。

 
■Amazon AlexaアプリでEcho Autoをペアリングする
iPhoneとGathersの接続が完了したら、続いてAmazon Alexaアプリを用いて、Echo Autoの接続を行なっていきます。なお、今回検証に使ったのはiOS向けのバージョン2.2.401007.0のアプリです。

まず、iPhoneでAmazon Alexaアプリを起動したら「その他」タブで「デバイスを追加」をタップし、「Amazon Echo」をタップ。

次画面で「Echo Auto」をタップすると、運転中に操作しないように、と警告文が表示されるので確認したら「次へ」をタップ。

「Echo Autoを送風口に取り付ける」と表示されるので、デバイスを取り付けましょう。そして「次へ」をタップ。この状態まできたら、デバイスをペアリングさせていきます。

送風口に取り付けるとこのような感じになりました。送風口のタイプによってはホルダーを装着できない場合もあるので、確認しておきましょう(筆者のクルマでは運転席側の送風口には装着できませんでした)。

本体をホルダー上部にマグネットで固定し、シガーソケットから給電するコードを接続して完了です。あとは電源を入れると、オレンジのランプが点灯してペアリングが可能になります。

もし設置を先にしてしまい時間が経っている場合には、一度電源を引き抜き30秒待ってからもう一度通電させるとペアリング可能になります。あるいは、オレンジのランプが点灯しない場合には、アクションボタン(右側の「・」のボタン)を8秒間長押しするとデバイスがセットアップモードになります。

アプリ画面でEcho Autoが検出されたら、それをタップし、「次へ」をタップします。

「この車にはBluetoothでスマートフォンを接続して音楽を再生する装備がありますか?」と聞かれるので、ここでは「はい」を選択しました。すると、サウンドチェックで「再生中」となるので、カーステレオから正しく音が聞こえることを確認し、「次へ」をタップすれば、あとは画面指示通りに操作するだけで設定完了です。

なお、車によっては、AUX入力を利用することもできるので、その場合は「いいえ」を選択してください。ちなみに、その場合の設定方法はこちら(Amazonのヘルプページ)。

筆者がつまづいたのはここでした。待てど暮らせど音がカーステレオから聞こえない…。実はiPhoneとカーナビのBluetooth接続を行なう前に、Echo Autoの設定から進めてしまっていました。なので聞こえないのは当然なのですが、2度目にここで紹介した通りに進めても聞こえない…。

これはどうしたものかとアレコレ悩み、最終的にカーステレオの音量を大音量に上げてみると、なななんとそこでやっと音が聞こえました(まさかの音が小さかっただけ!)。

たしかに「周囲が静かな時に行なってください」との表記はありましたが、予想以上に音が小さくて驚きました。静かな場所でラジオや音楽が十分大きく聞こえる音量だとしても、サウンドチェックが聞こえないことがあるかもしれません。機種、車種によって異なるとは思いますが、設定する際に聞こえなかったら一度音量を大きめにしてみてください。

 
■Echo Autoは何が便利なのか?
こうして、設定順序の罠もサウンドチェックの音量の罠も突破し、ようやくAlexaが使えるように。設定はiPhoneのAlexaアプリで行いましたが、実はアプリ経由で送風口に取り付けたEcho Autoを設定したことになっています。なので、「Alexa、音楽を流して」と言えば、Echo Autoが声を認識してAmazon Musicで音楽を再生し、音はカーステレオから流れます。運転中でもボイスコマンドで操作できるのは、たしかに便利。

ちなみに、Apple Music、Spotify、AWAなどにも対応するので、こうした音楽配信サービスを使いたい場合は、Alexaアプリ内でサービスを連携しておけばOK。デフォルトの音楽配信サービスの選択もできます。Alexaアプリ内で「その他」>「設定」>「ミュージック・ポッドキャスト」を選び、「新しいサービスをリンク」をタップすれば連携が可能なので、試してみてください。

同様にRadikoやTuneInなどのインターネットラジオの再生もできるので、運転中はラジオ派という人にとっても活躍しそうです。

もちろん、iPhone内のAlexaアプリをiPhoneのマイクを使って音声操作し、音楽再生もできるのですが、こちらの場合はノイジーな車内だと認識と反応がイマイチ。運転中という意味では、8つのマイクを備えた専用デバイスのEcho Autoの方が扱いやすく感じました。「あれ、iPhoneだけでも良いのでは?」と思った人も(筆者を含め)多いでしょうが、Echo Autoにはこうしたメリットもあります。

一方、Echo Autoはカーナビ的な運用は期待できません。天気予報を確認するくらいならできますが、道を尋ねたり、交通情報を聞いたりするような使い方はできないと理解しておきましょう。

また、ストリーミングで音楽を再生するには、通信が必要になります。基本的に接続したスマホの通信プランを消費することになるので、例えばスマホをモバイルWi-Fiルーターなどに接続しておくか、もしくはスマホの通信プラン自体を大容量or無制限なものにしておかないと安心して楽しむことはできないかもしれません。

また、Echo Autoが対応する車の送風口(エアベントマウント)やスマートフォンなどはAmazonのヘルプページに掲載されています。利用できるかどうかは購入前に確認しておきましょう。

>> Echo Autoサポート(Amaozn.co.jp)

 

<取材・文/井上 晃>
Twitter
 

 

 

【関連記事】

◆球体になったAmazon Echoは小音量でも音がイイ!音楽リスニング用にもアリです!
◆生まれ変わった「Echo Show 10」はディスプレイが回転するぞ
◆起動もサクサク!HDRとDolby Atmosにも対応した次世代「Amazon Fire TV Stick」

関連記事(外部サイト)