在日シリア人ジャーナリストに直撃! メディアが報じない「プーチン支配のシリアの現状」暴露、 第三次世界大戦も…(インタビュー)

在日シリア人ジャーナリストに直撃! メディアが報じない「プーチン支配のシリアの現状」暴露、 第三次世界大戦も…(インタビュー)

在日シリア人ジャーナリストに直撃! メディアが報じない「プーチン支配のシリアの現状」暴露、 第三次世界大戦も…(インタビュー)の画像

 2018年10月、シリアのヌスラ戦線に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さんが3年4カ月ぶりに解放された。連日さまざまな報道が飛び交っているが、現在のシリア情勢に精通し、冷静かつ中立的な観点から深層に迫る報道は少なく、まるで鬼の首を取ったかのような「自己責任論」や、憶測に基づくさまざまな陰謀論まで浮上する有様だ。

 そこで筆者は、東京都内で先日行われたFMラジオ局の公開収録トークイベントにて、シリア人ジャーナリストであり「リサーラ・メディアプロダクション」の代表として日本や北東アジアのニュースをアラブ諸国のメディアに届け続けるナジーブ・エルカシュ氏にインタビューを敢行した。ナジーブ氏のニュース配信先は、アルアラビーヤ、クウェート国営TV、オマーン国営TV、ドバイTV、アシャルク・アルアウサト新聞など、実に多岐にわたる。また、『news zero』(日本テレビ系)をはじめ、日本のTV番組にもに積極的に出演するほか、映画祭などの教育・文化交流分野でも活躍している。

 母国のみならず世界各国の事情に通じ、かつて東京大学大学院や名古屋大学大学院に留学していたこともあるナジーブ氏は、非常に流暢な日本語で真摯にインタビューに応えてくれた。シリアの今、そして安田純平さん解放の真相とは!?

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/12/post_19115_entry.html】


■シリアを支配しているのはアメリカではない!

――シリアの現状について、もう少し詳しくお聞きします。アメリカ寄りのメディアが「アサド政権はとんでもない独裁者だ」と報じる一方、「アサド政権の化学兵器使用による国民虐殺は証拠もなく、アメリカをはじめ各国のシリア空爆・干渉はおかしい」という報道もありますね。ナジーブさんご自身は、アサド政権についてどのようなご見解なのでしょうか?

ナジーブ氏(以下、ナジーブ)  アサド政権は、6年半のうちに50万人もの自国民を虐殺しました。そして今や、シリアの全人口の約半分にあたる約1,300万もの人々が難民となっています。シリアには言論の自由がありません。アサド政権に反対する者は裁判も経ずにいきなり捕まって拷問の果てに殺されます。ですから、今のままでは私自身もシリアに帰国することはできません。

 最近まで、誰かが殺されてもシリア政府は家族に告知すらしませんでした。それはさすがにマズいと、シリアを実質的に支配しているロシアがアサド政権にプレッシャーをかけて、ようやく家族の安否確認ができるようになったのですが、(どちらにしろ拷問は行われるのですから)人権などなくて、モノ以下の扱いです。

――シリアを実質的に支配しているのはロシアなのですか?

ナジーブ  形の上ではロシアとトルコ、アメリカでシリアをシェアしている状況ですが、最も影響力が強いのはロシアです。シリア空軍の一部はイランがサポートしているものの、現在のシリアは実質的にほぼロシアの支配下にあります。

 左派のメディアはアメリカの影響力や陰謀ばかりを取り上げますが、実際にオバマ元大統領はシリアの民主化運動をバカにしていましたし、トランプ大統領もシリアには関心がありません。アメリカの影響力はロシアの影響力とは比べ物にならないのです。(※)

※ 12月19日、米トランプ大統領はツイッターでシリアから米軍を撤退させる意向を表明している。


■シリアの今後と第三次世界大戦は!?

――このシリア問題に端を発して、ロシア対アメリカの第三次世界大戦に至る可能性はありますか?

ナジーブ  先程申し上げました通り、トランプ政権はシリアにあまり関心がなく、現地でのパワーバランスはロシアが圧倒的に上ですから、戦争にはならないと思います。シリアに駐屯するイラン革命防衛隊とイスラエルの間では小競り合いがあるでしょうが、全面的な戦争にはならないでしょうね(※)。

※ 12月19日、米トランプ大統領はツイッターでシリアから米軍を撤退させる意向を表明しており、ナジーブ氏の指摘が現実になりつつある。

――イスラエルといえば、トランプ大統領がイスラムの聖地でもあるエルサレムをイスラエルの首都と認めたことも含め、中東情勢が緊迫化していますよね。「アラブ世界のために」とアサド政権がイスラエルとの戦争に乗り出す可能性もあると思いますか?

ナジーブ  アサド政権とイスラエルは、実は裏で繋がっていると思いますよ。アサド政権は隣国レバノンを爆撃しても、イスラエルと国境が接するゴラン高原には決して触れません。シリアには「アサドはレバノンではライオン、ゴランではウサギ」ということわざがあるほど、アサドは状況に応じて態度が違うのです。

――なるほど、奥深いですね……。シリアは今後、民主化して復興できるのでしょうか?

ナジーブ  そう願いたいのですが、復興資金の用途に透明性がないので現状のままでは難しいですね。国際社会がシリアの復興を手助けしようとも、アサド政権の態度が変わらないので、ほとんどの復興資金は一般市民ではなく政権支持の支配層に流れてしまうんです。

――復興資金が目的通りに使われず、アサド政権の強化につながっているのですね……!? 日本では、正しい情報が“あまりにも少ない”ということがよくわかりました。では、中東情勢をリアルに知るために、ナジーブさんが推薦される情報源はありますか?

ナジーブ  日本のメディアでは、正しい情報は確かに少ないですね。でも、NPO法人のSSJ(Stand with Syria Japan)や、シリアに23年お住まいの考古学者、山崎弥生さんなどは正しい情報を発信してくれています。

――ありがとうございました!


 シリアの現状を正しく把握してもいない人々が唱える安田純平さんの「自己責任論」など、いったいどんな説得力を持つというのだろう。むしろそれ以前の段階で、現状を知らない人々が有益な議論ができるようにと、勇気あるジャーナリストたちが自らの体を張っているのだ。現地の実情を目に焼きつけ、身をもって体験してきた者たちの存在は、日本国民が正しい道を選択するために不可欠だ。ナジーブさんが教えてくれたシリアの実情は悲惨そのものだが、1日も早くシリアが民主化と真の復興に向かうことを願いたい。

(取材・文=深月ユリア)


※画像は、ナジーブ・エルカシュ氏