脱いだチンパンジーの肉体が美しすぎて筋トレ厨涙目! ヒトの4倍強い筋力で獰猛…

脱いだチンパンジーの肉体が美しすぎて筋トレ厨涙目! ヒトの4倍強い筋力で獰猛…

脱いだチンパンジーの肉体が美しすぎて筋トレ厨涙目! ヒトの4倍強い筋力で獰猛…の画像

 SF映画の金字塔『猿の惑星』が初めて世に出たのは1968年のことだ。後にオリジナルとリブート・シリーズが続々と映像化されており、その不朽の名作ぶりは言うまでもないだろう。だが、人間がチンパンジーに支配されるという設定を「フィクションで良かった!」と、涙ぐんでしまいそうな学説が今、注目を浴びている。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/12/post_19167_entry.html】


■チンパンジーは強靭な“細マッチョ”

 チンパンジーは最もヒトに近い生物として考えられ、遺伝子的にもDNAの95〜98%が共通している。そんな人類の“イトコ”たちだが、肉体的強度に関しては、少なく見積もってもヒトの4倍以上のパワーを持っているという。

「チンパンジーは驚くほど怪力で、敏捷な動物です。万が一、1対1で対決となれば、人間はイチコロでやられてしまうでしょう」と語るのは、シカゴにあるリンカーン公園動物園所属で、「Study and Conservation of Apes(霊長類保護研究所)」所長のスティーブ・ロス氏だ。ジャングルの猛者である彼らにチョッカイを出そうなんて、夢にも思わないほうが身のためらしい。

 この「ヒトの4倍の力」とは、ズバリ筋力の差だ。秘密は、筋繊維の長さにある。チンパンジーの骨格筋繊維はヒトのそれより2倍長いため、筋収縮が強力なのだという。筋肉が筋収縮を起こす際、あらゆる動作においてヒトの数倍の力を発揮するといわれている。

 動物園の檻の中を徘徊する彼らからは、さほど筋骨隆々な印象は受けないかもしれない。だが、彼らが体毛を落とした姿を見れば、考えも変わるだろう。いわゆる完全なる“細マッチョ”で、躰にまったく無駄がないのだ。


■「ライバルを抹殺しようとする本能がある」

 ここで、毛のないチンパンジーの動画をご紹介しよう。2016年、英国アザーストーンの「トゥイクロス動物園」で撮影されたものだ。チンパンジーの筋肉パフォーマンスを観察するにはもってこいだが、そこに映し出されているものには言葉を失う。2匹の毛のない猿たちが、同じ群れの12匹をアタックしているのだ。甲高い奇声を発しながら、仲間を追いかけ回し、歯ぎしりする凄まじい姿。

 世界的に著名な霊長類学者ジェーン・グドール博士も論文の中で「チンパンジーには、ライバルを抹殺しようとする欲求、捕食に近い本能がある」と発表している。

 毛のないものが毛のあるものに嫉妬して、大暴れしてるという見方もできるが、専門家も首をかしげるばかり。わかっているのは、2匹のチンパンジーが、“脱毛症”を患っているということだ。チンパンジーの脱毛症は、ストレスやトラウマが原因で起きる。これは人間も同じ。いずこも生存競争は熾烈ということだろう。

 一応ネタバレは避けるとしても『猿の惑星』の衝撃的なラストシーンは、あまりに有名だ。人類の犯した大きな過ちは、やがてその子孫たちが償うことになる――類人猿たちとは、仲良く親戚づきあいしてゆきたいものだ。
(文=佐藤Kay)


※イメージ画像:「gettyimages」より