【韓国レーダー照射】対日戦争の準備行為、軍事研究家が指摘! 隠密裏に韓国軍が行った対日本“特殊訓練”とは!?

【海上自衛隊機に韓国駆逐艦がレーダー照射】韓国が隠密裏の対日戦訓練を隠す目的か

記事まとめ

  • 日本のEEZで海上自衛隊機に韓国駆逐艦から複数回・数分間に渡るレーダー照射があった
  • 防衛省が公表した写真には海軍旗の類が見られず、所属を隠匿する意図があるらしい
  • そのため、韓国が隠密裏に対日戦訓練しており、海自機を追い払おうとしたと推測がある

【韓国レーダー照射】対日戦争の準備行為、軍事研究家が指摘! 隠密裏に韓国軍が行った対日本“特殊訓練”とは!?

【韓国レーダー照射】対日戦争の準備行為、軍事研究家が指摘! 隠密裏に韓国軍が行った対日本“特殊訓練”とは!?

【韓国レーダー照射】対日戦争の準備行為、軍事研究家が指摘! 隠密裏に韓国軍が行った対日本“特殊訓練”とは!?の画像

 2018年12月20日、日本海における日本の排他的経済水域(EEZ)に当たる海域で、海上自衛隊のP-1哨戒機に対し、韓国海軍駆逐艦「広開土大王」から複数回・数分間に渡る火器管制レーダーの照射があった。

 火器管制レーダーは、攻撃前に目標の位置を精密に測定する際に使用するものである。今回の事案は、言うなれば安全装置を解除した銃を向けられたようなものだ。韓国側は、遭難した北朝鮮漁船の捜索の為に使用したと弁明をしているが、そうした捜索は対水上レーダーで行うのが通常である。火器管制レーダーを作動させる必要性は全くない。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/12/post_19230_entry.html】

 更に、防衛省が公表した当該艦の写真を見るに、韓国海軍所属であると示す海軍旗・軍艦旗の類が掲揚されていない。通常、軍艦は航行中にそうした旗を掲揚するものだ。これは、所属を隠匿し隠密裏に行動する意図があったと思われる。

 今回の一件は、明らかに異常な事態である。

 所属を隠匿し、隠密裏に航行する軍艦からの複数回のレーダー照射。これを筆者はP-1を追い払う意図で行われたと分析する。執拗な火器管制レーダーの照射を受ければ警報装置が作動し、P-1は回避行動を余儀なくされるからだ。

 ではなぜ追い払おうとしたのか? 実は、駆逐艦「広開土大王」の真下の海中に、韓国海軍が日本に探知されたくないものが潜んでいたのだ。

 それが、「水中特殊工作員(特殊部隊)投入用の潜水艦」である。韓国海軍は特殊部隊UDT/SEALを有する。この部隊は、質的には米海軍の特殊部隊SEALsに匹敵する精鋭部隊だ。2011年には、ソマリア沖で海賊に乗っ取られたタンカーの奪還作戦に従事し、人質と自部隊に一切の損害を出さない、完璧な成功を収めている。レーダー照射があった際、韓国海軍は隠密裏に当該海域で、この精鋭部隊の訓練を行なっていたのである。レーダー照射を行なった駆逐艦「広開土大王」は、訓練の支援と露払いに当たっていたのだ。

 巨大な陸上戦力を有する北朝鮮と長年対峙してきた韓国軍内で、海軍は陸・空軍と比し割りを食う立場であった。しかし、現在の文在寅政権は「海洋強国」を掲げ、それに伴い海軍の地位は向上し、戦力も増大を続けている。2018年9月には、弾道ミサイルの発射が可能な3000t級の大型潜水艦「島山安昌浩(ドサンアンチャンホ)」が進水した。更に、原子力潜水艦の導入すら視野に入れている。そんな「海洋強国」を目指す韓国海軍が、アメリカ海軍が持っているものと同等の、“潜水艦からの水中特殊工作員潜入能力の獲得”を目指すのは、至極自然な流れである。

 そのような特殊部隊の訓練の模様を他国に探知されるのは、韓国海軍にとってあってはならないことだ。故に、駆逐艦「広開土大王」の火器管制レーダーを照射し、海自のP-1を追い払ったのである。

 ではなぜ日本のEEZ内という海域で、そうした訓練を行なっていたのか? それは、文在寅政権の対北朝鮮融和路線が背景にある。二度に渡る南北首脳会談を成功させ、韓国にとり北朝鮮の脅威は相対的に減少した。そこで、脅威として浮上するのが日本である。日韓は友好関係にはあるが、利害が完全に一致している訳ではない。慰安婦・徴用工・竹島といった外交問題も山積している。

 韓国海軍が海上自衛隊と事を交えようとする際、艦艇の数で劣る韓国側は正攻法では勝算は無い。そこで活用されるのが水中特殊工作員である。有事には、朝鮮半島に近い海上自衛隊舞鶴基地、佐世保基地に潜水艦から特殊部隊を浸透させ、艦艇と港湾設備の破壊を意図すると筆者は見る。

 緊迫する日韓関係の陰には、壮大な陰謀が渦巻いているのである。
(塩原逸郎)

イメージ画像:「Getty Images」より