全国の“念が深すぎる奉納物”ばかりを15年間集めた小嶋独観インタビュー! 釘打ちペニス、死人の結婚式、首すげ替え… 日本の奇景大集合!

全国の“念が深すぎる奉納物”ばかりを15年間集めた小嶋独観インタビュー! 釘打ちペニス、死人の結婚式、首すげ替え… 日本の奇景大集合!

全国の“念が深すぎる奉納物”ばかりを15年間集めた小嶋独観インタビュー! 釘打ちペニス、死人の結婚式、首すげ替え… 日本の奇景大集合!の画像

 人はみな心に弱い部分を抱えており、さまざまな願い事をするため神社仏閣に足を運ぶ。無病息災や子孫繁栄――しかし、この世には「悪い男と別れたい」「幼くして亡くなった子を寂しがらせたくない」などの極めてパーソナルかつ深い闇を抱えた願い事も渦巻く。

 そんな願いを成就させるために必要な行為こそ「奉納」だ。食べ物や酒、動物などの生贄、絵馬、はたまた踊りや神輿も、広義には奉納に含まれる。そんな“奉納物=呪物(じゅぶつ)”だけに的を絞り、日本各地を巡り歩いた書籍『奉納百景』(駒草出版)が発売された。著者である小嶋独観(こじま・どっかん)氏に、おどろおどろしくも哀切なる奉納の世界について語ってもらった。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/12/post_19201_entry.html】

■なぜ「奉納」に魅了されるのか?

――奉納というテーマのみを扱った本書は、とてつもない労作だと思います。津々浦々の神社仏閣などを巡るために、まずどれくらいの期間がかかったのでしょうか? また小嶋さんご自身の経歴も教えて下さい。

小嶋独観(以下、小嶋)  この本で扱っているのは、だいたい15年分の記録です。私はもともとお寺や神社を周るのが好きで、全国の変わった寺社などを集めたウェブサイト『珍寺大道場』(http://chindera.com/)も20年近く運営しています。いろいろなところを周っているうちに、神社仏閣だけでなく奉納されている物も気になってきました。

 具体的なキッカケは、小松沢観音(山形県)の「ムカサリ絵馬」ですね。これは子どもを失った親が、絵馬や(生前の子どもの)写真を使って“架空の結婚式”を行って、死者を弔う習俗です。現地には、壁中にお札や写真、絵馬が飾られています。

――そういった経緯を聞くと、寒気を覚えるような写真ですね。

小嶋  奉納物とは、庶民が宗教や信仰に対して、受け身でなく積極的にアプローチしている証だと思います。そこに心を揺れ動かされました。

――では、珍寺に興味を持ったきっかけは?

小嶋  大学生ぐらいの時の海外旅行ですね。コンクリートで作られた神様が到るところに並んでいる香港のタイガーバームガーデンが面白いと感じたことです。それまで神様とはとにかく“ありがたいもの”だと思い込んでいましたが、もっとフランクに接してもいいんだと気づかされました。

 それから、同時期に青森県の恐山に行ったことにも影響されています。恐山で祈っている人たちがとても神々しかったんです。

 一方は神様なのに親しみやすい、もう一方は人なのに神々しい――この対比の面白さが珍寺に興味を持った理由のひとつですね。

――本の内容もかなり専門的ですが、勉強はされていたのですか?

小嶋  私は宗教の専門家ではありません。でも、ただ面白い場所を紹介するだけではなく、裏側にある「なぜその奉納の習俗が生まれたのか」という歴史や伝承にも興味があったので、調べられる範囲で書いています。

■庶民は宗教をリミックスして独自の信仰を生み出してきた

――そもそも“奉納”とは何なのでしょうか?

小嶋  原始時代の神への祈りも古墳時代の埴輪も、もちろん奉納でしょう。ただ、一般的には絵馬から始まったとされています。もともとは神に届けるための“神馬”、つまり本物の馬を奉納していたものを簡素化・小型化して絵にしています。奈良時代には絵馬の原型ができて、平安時代にはポピュラーになっていたはずです。その後、鎌やはさみ、髪の毛など、この本で紹介しているような絵馬以外のバリエーションがたくさん現れます。

 いつの時代も、庶民たちは自分の都合のいいように神道や仏教をリミックスして独自の宗教を作ってきましたが、そういうところで奉納という現象は生まれやすいんです。

――眼病の平癒を願う「めめめめめ……」と書き綴った板や、子孫繁栄を願う男根など、日本人は何でも奉納してしまいますよね。こういった精神は日本だけに見られるものでしょうか?

小嶋  バリエーションの多さは世界でも珍しい部類に入ります。特に日本人には、自分たちの欲望や願い事などに合わせて、宗教自体のあり方を変えてしまう傾向が見られます。神道自体にしっかり定義された“教え”がなく、受け取る側の解釈に任されている影響が大きいのかもしれません。

――海外ではどうなのでしょうか?

小嶋  たとえば、手や足の平癒を願って手形や足形を奉納する行為は世界中で見られます。天井から手形がぶら下がっていたり、心臓の形のプレートが貼られているカトリックの教会も見たことがあります。ただし、日本は奉納のバリエーションがとにかく圧倒的に多い。世界各地で見られる恋愛成就のような祈りにとどまらず、“縁切り”という負の思いまで奉納する行為は他国に類を見ないですね。

■おねしょ封じ、釘が打ち込まれた男根、無数の鼻輪……

――それにしても本書は、ビジュアルが強烈ですね。小嶋さんのオススメスポットはどこですか?

小嶋  個人的には、京都府にある“おねしょ封じ”の「はしご」が好きですね。今はお地蔵さんを祀っていますが、もともとこのお地蔵さんは崖の上にあったそうです。いわれとしては昔々、京都のお寺でいつもおねしょをしてしまう小坊主がいて、その癖のせいで小坊主はお寺を追われてしまった。しばらく経ってから、お寺の兄弟子が小坊主の生まれ故郷に行くと、彼は亡くなっていた。周囲に話を聞くと、彼は死ぬ前に「お地蔵さんにお参りすればおねしょしなくなる」と話していたそうです。

 死んだ小坊主が言っていたお地蔵さんは、もともと崖の上にあって、はしごを登ってお参りする必要があったそうです。小坊主は、後から来る人のためにはしごを残していたのですが、いつの間にかお地蔵さんは降ろされて、はしごを奉納すればおねしょが治るという話に転じました。今では年齢の数だけ段があるはしごを奉納することになっていて、見ると90段のはしごまであったり、時代を現していると思いますね。

――男根(の模型)に釘が打ち込まれている光景や、牛の鼻輪が無数に集められた塚も、すごいインパクトです。

小嶋  男根を祀る神社は、日本に何十とあるのでそれほど珍しいものではありません。「五穀豊穣」「子孫繁栄」「子宝」などの願いですね。福島県南会津町では、家屋の棟木に女陰と男根が飾られています。これは火伏せ(火災よけ)のためです。昔はわらぶきの家が多く、村ごと火事でなくなることもあって、このような習俗が残ったそうです。女性器もかなりリアルですよ。しかもこの地域は、今でも新築の家に火伏せを付けています。それにしても、なぜ性器なのか。火事に役立てるためには、おしっこをかけることくらいしか想像つきませんね(笑)。

 こういった男根や女性器などは、神社におおっぴらに置いてあるんですが、明治時代には「淫祠邪教(いんしじゃきょう)」といわれ、警察官などから見えない場所へ片付けるように指導されていました。そのようなことをした警官や役人が病気になるという逸話はあちらこちらに残っています。もともと日本は、セクシャルなものに対してオープンな風土がありますね。

――牛の鼻輪は、家畜を慰霊するためのものですよね?

小嶋  そうです。牛だけではなく、家畜の慰霊碑は全国各地にあります。漁港には鯨の供養碑があったりします。漁師さんにも「獲った魚に祟られるかもしれない」というマインドがあるんでしょうね。

 それから、昔から漁師の間では「金属などの光るものを海に落としてはいけない」という“タブー”があります。海の神である龍神が嫌うからです。それと関連して、海で失ったものを奉納する「失せ物神社」もあります。三陸地方に多くて、東日本大震災の津波で神社ごと流されたところもあるそうです。

 知れば知るほど不気味でディープな奉納の世界――。男根に釘、亡くした子の結婚式など、奇妙で哀れな世界の一端を味わってもらえただろうか? 後半は、霊を信じない小嶋氏でも背筋が凍るような思いをした場所をご案内する!

(取材・文=松本祐貴)

※画像は『奉納百景』(駒草出版)