死んでも行きたい絶景! 廃墟王国・インドの階段井戸「アグラーセン・キ・バオリ」がカッコよすぎる!

死んでも行きたい絶景! 廃墟王国・インドの階段井戸「アグラーセン・キ・バオリ」がカッコよすぎる!

死んでも行きたい絶景! 廃墟王国・インドの階段井戸「アグラーセン・キ・バオリ」がカッコよすぎる!の画像

 昨秋にインド・デリーを中心に巻き起こった大規模な『スモッグ被害』が発生したちょうどその頃、現地の取材に訪れていた筆者であるが、その取材の最中に訪れたのが、デリー市内にある階段井戸『アグラーセン・キ・バオリ』である。一般的にインドの階段井戸といえば、2014年に世界遺産に登録された『ラーニ・キ・ヴァヴ』や、チャンドバオリの『幾何学井戸』が有名であるが、今回ご紹介する『アグラーセン・キ・バオリ』もまた、実に趣深く、興味深い井戸と言えるだろう。

 筆者が現地を訪れた時期には、はからずも未曾有のスモッグ被害が発生しており、昼夜を問わずスモッグに包まれていた。その街角の光景は、まさに独特な“世紀末感”じみた印象を与えるものであったが、そうした状況の中、まずは『アグラーセン・キ・バオリ』へと向かう。

 この『アグラーセン・キ・バオリ』は、デリー中心部に位置する住宅街の中にひっそりと存在しているが、周囲がレンガ塀によって囲まれていることや、その性質上、主要部が“地下”に存在している関係で、我々外部の人間にとっては、意外とわかりづらい状態となっている。

 しかし塀を抜け、その開口部の頂に立つと、周囲から感じる印象とは大きく異なる、独特な姿が眼前に現れる。まさに往年のRPGにおけるひとコマを彷彿とさせる光景だ。

 早速、井戸の周囲を取り囲むように聳え立つ構造物に目を遣ってみる。あの映画『敦煌』でもおなじみの中国・甘粛省にある莫高窟(ばっこうくつ)を思わせる独特な意匠に、思わず目を奪われるが、その傍らに立つ男性の姿と比較すればわかるように、その規模感はかなりのもの。ここから転落すれば、すぐさまあの世行きとなること必定である。そんなことを漫然と思いながら、一歩ずつ階段を下っていった。

 階段をくだりつつ振り返ると、今更ながら、この井戸の深さを実感させられる。しかしその見た目とは裏腹に、どうやらこの井戸は地元の恋人たちにとってデートスポットのようなものとしても位置づけられているようで、筆者が訪れた際にも、若いカップルたちが階段へと腰を下ろし、楽しげに愛を語らう姿が散見された。こうした光景が広がる中、筆者はさらに階段を下っていく。

 長い階段を下った末に辿り着いたこの場所が、階段井戸『アグラーセン・キ・バオリ』の最深部にあたる場所。外部の喧騒とは裏腹に、そこには、思いのほか、静謐な時間と空気が広がっていた。

 そこから上を眺めると、映画『ハムナプトラ』シリーズや、『インディ・ジョーンズ』のひとコマが思わず頭をよぎる光景が……あのジョーンズ先生ならば、たとえこの空間の奥底へと転がり落ちたとしても、携えた鞭を駆使して、脱出を成功させるのだろうか。

 そこからさらに奥へと進むと、かつて井戸としての役割を果たしていたであろうエリアが出現。頭上には、井戸の開口部と思しき箇所が口を開け、外からの木漏れ日を地下へ誘っていた。ここは、『アグラーセン・キ・バオリ』の“井戸としての顔”を実感できる場所ではあるものの、その実、今ではほぼ水もなく、わずかに残された水たまりのような部分でさえも、ゴミが浮いている有り様であった。

 ちなみにこの『アグラーセン・キ・バオリ』、その名に冠された古代の王・アグラーセンの名からもわかるように、もともとは古代に掘られた井戸なのだという。それが14世紀頃に再建され、現在に至るとされているが、その歴史的な価値や美しい意匠、さらには想像を遥かに超える規模感とは裏腹に、現状、外国人観光客にとっては、まださほど注目されているスポットではない様子だ。もっとも、こうした点も含め、“遺跡王国”、“廃墟王国”として知られるインドならではの魅力と言えるのかもしれないのだが……。
(写真/文=Ian McEntire)