【緊急】「宇宙人は我々を隔離し、観察している」国際会議でガチ討論開始! 人類が取るべき行動は… 動物園仮説に新展開!

【緊急】「宇宙人は我々を隔離し、観察している」国際会議でガチ討論開始! 人類が取るべき行動は… 動物園仮説に新展開!

【緊急】「宇宙人は我々を隔離し、観察している」国際会議でガチ討論開始! 人類が取るべき行動は… 動物園仮説に新展開!の画像

 今のところ、我々人類はまだ地球外生命体を発見できていない。我々のほかにもこの広い宇宙のどこかで“同士を探している人々”がいるのだろうか。それとも実は、我々はすでに発見されてしまっているのだろうか……。

■我々は宇宙で“隔離”されているのか?

 我々の宇宙に対する興味は尽きない――。世界各地に高性能の望遠鏡が設置され、衛星軌道上には宇宙望遠鏡もあるのだが、それでも人類はまだ地球外の生命を発見できていない。

 現に我々がこうして地球という惑星で繁栄していることは、ほかの惑星にも生命が存在することの大きな裏付けになるのだが、実際にはその痕跡すら発見できていないのは不思議といえば不思議なことだ。

「フェルミ推定」で有名な物理学者エンリコ・フェルミはかつて戦わせた同僚との議論の中で「彼ら(宇宙人)はどこにいるんだ?」という問いを発したとされ、この謎は彼にちなんで「フェルミのパラドックス」と呼ばれるようになった。

 また1970年代には、宇宙人はすでに我々を発見しており地球は宇宙人から見れば動物園のような観察対象に過ぎないという「動物園仮説」も登場している。我々の理解を超えた存在である宇宙人が地面を這うアリを見るように人類を眺めているというのである。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2019/04/post_90266_entry.html】

 地球外知的生命体へのメッセージを研究している組織「METI International」が2年に一度主催しているワークショップが先日フランス・パリで開催され、「フェルミのパラドックス」や「動物園仮説」を含む議題について専門家の間で興味深い議論が繰り広げられた。

「宇宙人は我々に銀河系的な“隔離”を課しているように思えます。なぜなら我々が彼らの存在を知ってしまえば文明に破滅的な危機が訪れることを理解しているからです」とフランス国立農学研究所(Institut national de la recherche agronomique、INRA)の名誉研究ディレクターであるジャン=ピエール・ロスパース氏は語る。

 つまり宇宙人の側が、我々が彼らの存在を知るとパニックを起こすことを見越して、我々に気づかれない方法で静かに見守っているというのである。

「地球上の認知的進化は、予測可能な経路をたどりながらもランダムな特徴を見せます。人類は可能な限り最高の認知レベルに到達したのだと考える必要はありません。おそらく将来の地球上でより高いレベルの認知能力へと進化を見せます。すでにほかの場所では、そのレベルに到達した種がいるかもしれません」(ジャン=ピエール・ロスパース氏)

 人類の知性はまだ進化の途上にあり、将来さらに高次のレベルに到達することができるという。そして、そのレベルに到達した知性がほかならぬ宇宙人なのだと言うこともできそうだ。ともあれ現在の宇宙人の“沈黙”を破るために、ロスパース氏はもっと直接的なアプローチが我々に求められているというのだ。

■地球外生命体にメッセージを送り続ける

 METIの会長であるダグラス・バコッホ氏は宇宙人と我々の関係を動物園のシマウマに例えている。もし動物園のシマウマが来場客を見て人数を指折り数え始めたならば、我々がシマウマを見る目は確実に変わると説明している。つまり、人類は何らかのアクションを起こして宇宙人が持つ我々のイメージを変えなければならないというのだ。

「私たちが動物園で動物を見ているのと同じように、宇宙人は地球上の人間を見ているのでしょう。どうすれば銀河の動物園オーナー(宇宙人)に、その存在を明示させるよう仕向けることができるでしょうか」(ダグラス・バコッホ氏)

 我々の側から宇宙人へのアプローチを試みる手段の1つに、近傍惑星へ向けた電波信号の送信がある。そして、実際に“宇宙人へのメッセージ”を送る試みは、1970年代初頭からプエルトリコのアレシボ天文台などで何度となく行われている。

 残念ながらこの試みの成果はまだ得られていないのだが、バコッホ氏らは今後も地道に宇宙に向けたメッセージを送り続けていかなければならないと主張している。

 不断の努力を続けてメッセージを送り続ければ、いつしか宇宙人がそれまでの態度を変えて我々の前に現れる日が来るのだろうか。あるいは、我々と同程度の文明との間でメッセージを交わす日が先にやって来るのだろうか。いずれにしても人類の一大イベントになることは間違いない“未知との遭遇”にぜひ立ち会ってみたいものである。

※イメージ画像:「Gretty Images」