平成を葬る僧侶、光と音の車椅子タワー、円を描き続ける女、暴走アイドル集団… 平成最後の「岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展」がヤバすぎる!

平成を葬る僧侶、光と音の車椅子タワー、円を描き続ける女、暴走アイドル集団… 平成最後の「岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展」がヤバすぎる!

平成を葬る僧侶、光と音の車椅子タワー、円を描き続ける女、暴走アイドル集団… 平成最後の「岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展」がヤバすぎる!の画像

 今年も恒例のTARO賞こと岡本太郎現代芸術賞展が開催されている(4月14日まで)。特に22回となる本展は、平成最後のTARO賞であるとともに、開催場所である川崎市岡本太郎美術館開館20周年に当たる節目となっている。

 例年通り、岡本太郎の「芸術は爆発だ」という精神を継ぎ、自由な視点と斬新な表現を追求するアーティストを発掘かつ応援しようというものだが、「22世紀を見据えて、 これらのTARO賞がどうようになっていくのかと想像しながら選考しました」(審査員・椹木野衣氏)というように、未来的な展望を予感させる作品に注目して、応募総数416点から25作家が選ばれている。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2019/04/post_91905_entry.html】

 さっそく、展示会場に足を踏み入れると所狭しと巨大な作品が並んでいる様子に圧倒される。TARO賞は、賞歴、学歴、年齢を問わず、美術ジャンルも超えて、応募できるばかりでなく、最大で5メートル立方の空間を展示スペースとして使用できるところが特徴で、その“巨大さ”がTARO賞ならでは醍醐味であると当時に、作家の力量が大いに試されるところでもある。

 今回、最優秀となる岡本太郎賞を受賞したのは檜皮(ひわ)一彦。受賞作《hiwadrome: type ZERO spec3》は、車椅子が天井近くにまで積み上げられた立体作品と、そこから光やダンスミュージックが発せられ、遮蔽された展示空間はクラブ空間のようになっている。壁面にはいくつものモニターが配置され、四肢に障害を持つ檜皮自身がもう一人の男性と上半身裸で接触するパフォーマンス映像が流されているインスタレーション作品である。

 檜皮は、作品のタイトルにもなっている「hiwadrome(ヒワドローム)」を「自分からの一方的な愛なので、皆さんに受け取ってもらえたら嬉しい」と説明した。さらには「過去の作品では自分の身体をテーマにすることは意図的に避けてきたが、ヒワドロームのシリーズでは自分自身を全面に出している」とも語っており、パフォーマンスでは自らスケートボードに乗って場内を滑走するなど、檜皮自身が作品の一部と化している。その様子はまるで檜皮自身が巨大オブジェやインスタレーション空間と融合しているようなSF的未来的なイマジネーションを想起させ、新鮮な驚きに満ちている。

 一方、岡本敏子賞を受賞した風間天心は、アーティストであると同時に、北海道で禅宗の僧侶としても活動している。「平成という元号のお葬式をする」という受賞作の《Funetasia》は「平成」という元号が飾られた巨大な祭壇とその祭壇で儀礼を行うパフォーマンス映像からなる。そればかりか両側に設えられた大きな箱には平成の終わりとともに手放したいものを収めれば、祭壇とともに展覧会終了後にお焚き上げされる。 

 風間は06年にもTARO賞入選した経験があるが「アーティストとしてのアイデンティティに悩み、その後、僧侶となることで日本人であること、アーティストであることの悩みが解決しました」と語る。受賞作でも、緻密な造形の祭壇の完成度もさることながら、プロの僧侶としての本格的な儀礼を行うことが大きなポイントになっている。

 特別賞は、國久真有、武内カズノリ、田島大介が受賞した。

 國久真有は、手を思いっきり伸ばして、大きなストロークでキャンバスに自分の身長に近い直径の円を描く。2ヶ月に及ぶ展示期間中、ほぼ毎日ずっと描き続けるパフォーマンスも含めて作品である。

 武内カズノリは、2011年の震災において、高校の美術教師として生徒たちを引率した経験を立体作品に投影している。印象深い巨大な顔面群、それらに覆いかぶさるように津波を思わせる杉の枝が効果的だ。

 田島大介は、真っ白なキャンバスに精密なラインで高層ビル街を描いていく。線だけで構成されているのに、驚くほどの立体感で鑑賞者を引き寄せてくるのは、一本一本のラインの正確さゆえだろう。

 その他の作品は、兎の毛皮を被った逆説のバニーガールの秋山佳奈子、現代に選挙の意味を問うイガわ淑恵、自然に飲み込まれた廃村に神々を探す大槌秀樹、劇団ながら踊りとインスタレーションを披露する革命アイドル暴走ちゃん、狼のごとき甲冑の塩見亮介、子供たちの紙の軍隊と戦闘機で展示空間を埋め尽くすMA JIAHAO、 金閣寺での犬のオリンピックを紙で造形する田中義樹、ダンボールで薬師三尊と十二神将を作る本堀雄二、イカのモチーフをイカ墨で描く宮内裕賀、赤くぬられた鉄筋の構造体を野外展示する井口雄介など、個性も作風も例年以上にバラエティに富んでいるところが今年のTARO賞展の印象である。

 ここ数年続けて、TARO賞の取材を続けているが、今年は平成が終わり、新元号(令和)の時代が来ることもあって、宗教的なテーマ、ノスタルジックなものを感じる作品も少なくなかった。そんななかにあって、未来的(レトロフューチャーともいえるが)な檜皮一彦の作品が強烈なインパクトで迫ってきた。そこでは単なる造形だけでなく、コンセプトも含めたパフォーマンス、展示と映像作品との組み合わせなど、複合的なインスタレーション作品となっていた。そういう意味ではトータルな作品のレベルの底上げがなされてきたとも思える。

 岡本太郎自身がもし生きていたら、どんな作品に賞を取らせるだろうか? そんなことも夢想しながら、TARO賞展を鑑賞するとさらなる発見が期待できるかもしれない。

 川崎市岡本太郎美術館の常設展では、岡本太郎自身の絵画、彫刻、数々の記録映像などを観ることができる。時代の変化のときだからこそ、太郎からTARO賞の作家たちへと継承されていくものにも思いを馳せ、平成最後のTARO賞に相応しい素晴らしい作品を存分に味わって欲しい。

(文・写真=ケロッピー前田)