令和時代の「お笑い」はどう変わるのか? 『教養としての平成お笑い史』著者・ラリー遠田とキックの考える“未来のお笑い芸人”

令和時代の「お笑い」はどう変わるのか? 『教養としての平成お笑い史』著者・ラリー遠田とキックの考える“未来のお笑い芸人”

令和時代の「お笑い」はどう変わるのか? 『教養としての平成お笑い史』著者・ラリー遠田とキックの考える“未来のお笑い芸人”の画像

 お笑い評論家のラリー遠田の新刊『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が発売された。この本では、14の事件を題材に、平成のお笑いの歴史を振り返っている。本の発売を記念して、著者であるラリー遠田とサイキック芸人のキックの特別対談が行われた。第6回では、「言葉の笑い」と「動きの笑い」の流行り廃りについて語っている。

ラリー 僕がこの本で結論として書いたのは、これから令和の時代になって、どういうお笑いになるのかは分からないけど、今の状況が続かないっていうのは確かだと。テレビを中心にしたお笑いみたいな流れはもう終わりつつあるので、新しいものがどこかから出てくるんじゃないかなと。

 もともと、テレビで活躍している芸人を見て、自分もこれをやりたいと思って若者が入ってきていたわけじゃないですか。でも、今のテレビを見てそう思う人は減っているはずだから、この流れは続かないですよ。

キック 続かないでしょうね。僕がユーチューバーで最近すごいよく見ちゃうのが、Tさんっていう人の動画なんです。駐車違反をしているヤクザみたいな人にカメラを持って向かっていって、「お前、出ていけよ」みたいなことをやっているんですよ。その人から後で脅迫電話がかかってくるんですけど、その音声も全部YouTubeに流しているんです。なんかリアルすぎて面白いなあって思って。ここまでやるんだ、って。

ラリー ユーチューバーってそういうふうに、僕らが無意識のうちに「これはテレビじゃできないな」とか思っていることを、個人の責任で全部やれちゃうんですよね。

 でも、若者ってそういうのが格好いいって思うものじゃないですか。僕らも昔、ダウンタウンの番組で過激な企画をやっているのを興奮して見たりしていたんですよね。

 YouTubeで本当の「何でもあり」というのを見てしまうと、テレビは刺激が足りないと感じるのかもしれない。ある程度の制限の中でやっているっていうのが見えちゃってるから。

 そういう時代の変遷ということを考えると、お笑い界ではそれまでの価値観をひっくり返して次の世代の人がスターになるわけですよ。例えば、ビートたけしさんだったら、その前にあったザ・ドリフターズのきっちり作られた台本があるコントに対して、台本なしでお互いの暴露とか身内ネタをやりまくる『オレたちひょうきん族』をぶつけたわけです。あと、萩本欽一さんの家族的な温かみのある笑いを否定して、毒のある笑いを広めたんですよね。そして平成に入るとダウンタウンが出てきて、たけしさんの価値観も壊すんですよね。もっと細かい言葉のセンスを洗練させたような笑いになっていく。

キック 今、ワードセンスの時代になっているじゃないですか。今のバラエティでひな壇のトークとかを見て笑っている人たちが、チャップリンとかキートンのような「動きの笑い」を見たときにどう思うかっていうのは興味があります。次に今の状況を壊せるのはそういう芸人なのかもしれないですね。

 動きの笑いを今もやっている人って、志村(けん)師匠とかしかいないじゃないですか。単に動けばいいわけじゃないですからね。動くことが形として面白いっていう。無音でも笑えるだけの動きって、相当な演技力がないといけないですから。霜降り明星とかもすごく動いていたけど、あれは動きの笑いっていうよりは、ツッコミの言葉を引き出すためのフリっていうところがありますよね。

ラリー そういう意味では、内村光良さんはずっと動きの笑いをやっていますよね。『LIFE!』でもそういうコントをいまだにやっている。内村さん自身もそれがやりたいんですよね。

キック 動きの笑いは本当にないですよね。なくなってきている。

ラリー 松本人志さん以降、言葉の笑いの時代になって、平成はずっとそれなんですよ。「ツッコミ芸の時代」っていうか、眼の前にいる人をどういう言葉でイジるかというセンスが試されている。有吉(弘行)さんのあだ名芸も後藤(輝基)さんの例えツッコミも全部そうですよね。たぶん、松本さんの影響で言葉の笑いが強くなりすぎているんですよね。

『エンタの神様』が流行ったのは、時代を読む力があるプロデューサーの五味一男さんが、そうじゃない笑いの方が実は大衆にウケるっていうのを分かっていたからかもしれません。

キック ユーチューバーを見て子供が笑っているじゃないですか。それを見ているとこっちは「こんなのつまんねえよ」って思うんですけど、『エンタの神様』も割とそういう感じだったと思うんですよね。「これの何が面白いの?」って言われていた。だけど、それこそが実は先駆けだったんでしょうね。

ラリー 動きとか衣装とか音楽の雰囲気で、何となく「楽しい」みたいな感覚を生み出していたんですよね。

キック 僕もユーチューバーだったんだな。

ラリー そう考えると、キックさんのネタはYouTube向きなのかもしれない。ムエタイのネタは、他人に対してツッコむみたいな形じゃないすか。ああいうユーチューバーっていますよね。せやろがいおじさんとか。キックさんは「ムエタイおじさん」ですね(笑)。

キック ムエタイおじさん、いいですね。やっぱり過激なことやんなきゃダメですよね。

ラリー この本の編集者は平成生まれなんですけど、前半の話は「知らないことが多い」って言うんです。僕もそういう読者がいることは意識しているんですよ。さんまさんの離婚とか、たけしさんのバイク事故とか。あと、山田邦子さんとか上岡龍太郎さんは、若い世代だとそもそも存在をあんまり知らないから、そもそも誰なのかっていう話もしないといけない。

 そういう人が読むと、今のお笑い界がこういうふうになっているルーツが分かって面白いっていうのはある思うんですよね。今でもテレビでたけし、さんま、松本っていう人たちが出ているけれど、この人たちはもともとどういう人だったんだ、って。

 そういう意味では、キックさん、昭和生まれの僕らもすでに歴史になっている世代なんですよ。僕らのおじいちゃんが戦争に行ったときのことを語るみたいに、「昔、たけしさんがフライデー編集部に殴り込んだことがあってな……」っていうふうに語る立場になっているんです。

キック そうですね(笑)。