「クマに飼われていた男」が発見される! “保存食”として拉致され巣穴で1カ月、ミイラ状態に…衝撃のサバイバル体験!

「クマに飼われていた男」が発見される!  “保存食”として拉致され巣穴で1カ月、ミイラ状態に…衝撃のサバイバル体験!

「クマに飼われていた男」が発見される! “保存食”として拉致され巣穴で1カ月、ミイラ状態に…衝撃のサバイバル体験!の画像

 クマの保存食になり生還した男が海外メディアで話題になっている。

 ミイラのようにガリガリの男性……彼はヒグマに襲われた後、保存食として洞窟の中に隠されていたという。襲われた際に脊椎を負傷し、動くことができず、1カ月間も自分の尿を飲みながら救出を待っていたそうだ。

その他の画像はコチラ→「https://tocana.jp/2019/06/post_101215_entry.html」

 英紙「Daily Mail」(6月26日付)によると、この男性についてはアレクサンダーという名前以外分かっていない。極度に衰弱しており、自分のフルネームも出身地も年齢も思い出せなくなってしまっているとのことだ。

 アレクサンダーさんは、モンゴルと接するロシア中央部のトゥバ共和国で、地元のハンターにより発見された。引き連れていた猟犬が洞窟の中でしつこく吠えたため、確認したところ、「人間のミイラ」がいることに気づいたそうだ。実際のところアレクサンダーさんは生きていたわけだが、一目では分からなかったという。

 ロシア科学アカデミーのイワン・V・セリオドキン氏によると、ヒグマは他の動物に取られないよう自分の獲物を隠す習性があるという。そして、肉が腐り“熟成”するのを待つそうだ。その方がクマにとって食べやすいらしい。

 しかし、英ノッティンガム・トレント大学の自然保護専門家であるルイーズ・ジェントル博士が、英紙「Daily Star」(6月26日付)に語ったところによると、一般的にクマは臆病な性格であり、人間との接触を避けるため、今回の事件は珍しいという。ただ、子熊を守るために母クマが人間を襲うことはあるそうだ。

 ロシアニュース「Sputnik」(6月10日付)によると、トゥバ共和国では今月2日にも、登山者がヒグマに襲われる事故が起こっている。この時、男性は大声をあげて、追い払おうとしたが、クマは怯むことなく襲い掛かってきたそうだ。最終的に男性はクマの舌を噛みちぎり、撃退に成功したが、このクマはもしかしたら子熊を連れていたのかもしれない。

 だが、1915年に北海道で起こったエゾヒグマによる日本史上最悪の獣害事件「三毛別羆事件」に見られるように、クマが人間を獲物として認識する場合もないわけではない。特に人間の味を覚えたクマは繰り返し人間を襲うようになると言われている。

 一方、ロシアニュース「RT」(6月26日付)は、今回の事件は実在しないかもしれないと報じている。専門家が映像分析をしたところ、フェイクの可能性があるというのだ。また、ロシアのネット掲示板「Pikabu」でも、アレクサンダーさんが1カ月も洞窟の中にいたにもかかわらず、歯が白いことや、声色が健康的なことが疑問視されているようだ。

 とはいえ、まだ真偽を決定できる材料があまりにも少ない。現状では、アレクサンダーさんが無事に生還したことを喜ぶべきだろう。真相解明は今後の調査に委ねたい。