日本政府が国民の「塩の摂取量」をコントロールする陰謀的理由とは!? 減塩はうつ病・自殺の増加原因というデータも

日本政府が国民の「塩の摂取量」をコントロールする陰謀的理由とは!? 減塩はうつ病・自殺の増加原因というデータも

日本政府が国民の「塩の摂取量」をコントロールする陰謀的理由とは!? 減塩はうつ病・自殺の増加原因というデータもの画像

 池袋の暴走事件は、この社会が陰謀によって動いていることを改めて確信させる出来事だった。同じような事故を起こしても、一般人は現場で逮捕、上級国民は逮捕されずにいる。おかしなことが起きている事は誰の目にも明らかだ。暴走事件の真相は別の記事に任せることにして、今回は人類史上最大の陰謀を取り上げてみたい。

 

■減塩運動の陰謀

 

 前回筆者が寄稿した記事では、5Gによって人間の感情がコントロールされる危機を指摘した。政府や権力者が、感情のコントロールで社会を統制することが目的だ。しかし、社会がコントロールされているのは、何も5Gに始まったことではない。1970年代、日本ではアメリカから導入された減塩運動が始まった。これは1日の塩分摂取量を減らして、高血圧症などの体質改善による疾病の減少を狙ったものだ。当時の日本人の塩分摂取量は1日約15gだった。寒い東北地方では、保存食が多かったので、1日に30g近くも塩をとる塩辛い食事が日常的だった。とくに秋田県では塩分摂取量が多く、高血圧に伴う脳梗塞、胃潰瘍などが多い地域と言われた。そこで減塩運動を普及させることで健康の普及を図るという、食生活の近代化が進められたのだ。1日の塩分摂取量は10g以下を目標とされた。現在ではさらに減って8g以下が適量とされている。

 

 ところが減塩運動の影で日本社会では、奇妙な現象が起きていた。減塩運動が開始されしばらく経つと、日本国中の青少年の間で三無主義という現象が起きた。しらけ世代とも言う。

「しらけ世代(しらけせだい)は、日本の学生運動が下火になった時期に成人を迎えた、政治的無関心が広まった世代を指す語。1980年代には、世相などに関心が薄く、何においても熱くなりきれずに興が冷めた傍観者のように振る舞う世代を指した」(Wikipediaより)

■減塩はうつ病・自殺の増加原因

 じつは減塩運動としらけ世代は無関係ではない。江戸時代には「塩抜きの刑」という刑罰があった。塩抜きの食事を与えられると、罪人は気力がなくなり、反抗しなくなった。それも当然で、塩に含まれるナトリウムは、人間の細胞内で重要な役割を果たしている。とくに神経伝達では、イオンを運ぶために必要な元素だ。塩分が減ると神経伝達に使われるナトリウムが減るので、精神活動が低下する。つまり大人しくなるのだ。

 

 同様に1970〜80年代でも、減塩したことにより政治的関心が低下するだけでなく、日常的にやる気がない集団「三無主義、しらけ世代」が現れた。まさに江戸時代の牢獄で起きた塩抜きの状態が日本社会全体で出現したかたちである。減塩運動とは、当時盛んだった社会運動、学生運動を沈静化するための陰謀だったのだ。

 意外と知られていないが、減塩は健康によくないことが多くの栄養学者などから指摘されている。その弊害はうつ病などの精神疾患、自殺者数の増加として現れているというのだ。もっとも減塩運動の盛んな秋田県は自殺率がトップだ(塩と健康についてはすでに多数の書籍があるのでここでは触れない)。また、塩と同じようにフッ素も人間を従順にする効果があると言われている。終生権力に立ち向かった野坂昭如は歯を磨かなかった。歯磨き粉のほとんどにフッ素が含まれている理由は、まさに陰謀そのものと言える。

 減塩運動で特徴的なことは、医学的情報として減塩が取り入れられたことだ。医学は教育・学問に属する。教育・学問と言えば、政治とは無関係に思っている人が多いだろう。とくに日本では教育は政教分離とされ、政治的に中立であるべきと法律で守られている。ところが、政治的に中立である教育が最も政治的に利用されているとしたら、信じられるだろうか?

■暗記教育は学力低下を招く

 じつは20年以上前から塾関係者の間で、生徒に暗記させればさせるほど理解力・創造力が低下することが指摘されていた。簡単に言えば、暗記教育はやるほどバカになるのだ(暗記教育の弊害で検索すると実例が多数出てくる)。日本のように教科書を丸ごと記憶させる教育方法を採用している国は多くない。フィンランドは携帯電話メーカー、ノキアで知られるIT産業が盛んな国だが、日本のように教科書を暗記させたり、計算を繰り返す勉強はほとんどない。生徒の自発性を優先して、物事を考えさせ、生徒同士で議論することを教える。その結果がフィンランドの産業形態に現れているわけだ。

 

 日本の大学生が極めて保守的で卒業しても起業する例が少ないのは、暗記中心の教育と無関係ではない。学生の多くは現状に対する肯定感が強く、批判精神に疎い特徴がある。筆者は中国人の若者と接する機会があるが、彼らの意欲的な姿勢に驚くことがある。日本人が失ったことのひとつだろう。また、暗記力で選抜する大学入試は、教育にかける資金がある裕福な家庭の子供に有利に働く。塾や家庭教師に費用をかければ、それなりの効果があるからだ。じっさい、東京大学に合格した学生の家庭は、平均年収が1000万を超えている。暗記教育は、国民の知的レベルを低下させるだけでなく、社会階層を固定化させる効果もある。医者の子は医者に、役人の子は役人に、という具合だ。

 陰謀は決して小説やドラマだけのものではないことを理解していただきたい。