目から鱗「夏が暑い本当の理由」とは!? 豪雨・地震とも関係…電気的宇宙論の最先端!

目から鱗「夏が暑い本当の理由」とは!?  豪雨・地震とも関係…電気的宇宙論の最先端!

目から鱗「夏が暑い本当の理由」とは!? 豪雨・地震とも関係…電気的宇宙論の最先端!の画像

―― 物理・科学・IT専門家の平清水九十九が解説! 最先端「電気的宇宙論」からみた地球科学を紹介する!

 学校では夏が暑いのは、地球が公転面に対して23.4度傾いた自転軸を持っていて、太陽に対して地球の傾きが変化するため、と教えます。太陽の高度が上がり、地表に降り注ぐ太陽光の強さがもっとも増えるのは、6月の夏至ですが、まだ地面、海水が暖まらないので、その後の7月、8月に気温が上がると説明がつきます。

 しかし、太陽光が直接影響する太陽光発電のデータを見てみると、意外なことがわかります。

 

 3月、4月、5月が8月と同じくらいの発電量があるのです。3月と言えば春になったばかりでまだ寒さが残る季節です。太陽光発電のデータが正しいとすると3月にはすでに夏と同じくらいのエネルギーが太陽から降り注いでいることになります。

 それを裏付けるような異常気象が今年ありました。5月26日、北海道の佐呂間で39.1度を記録したのです。当日の夜明け前の気温は16度ですから、23度も一気に気温が上昇しました。気象庁はフェーン現象(気流が山の斜面にあたったのちに風が山を越え、暖かくて乾いた下降気流となってその付近の気温が上がる現象)と説明しましたが、この季節にフェーン現象が起こるとは考えにくい。

 気温が急激に上がる場所といえば、砂漠です。砂漠の夜は非常に寒いのに、日中の温度は50度を超えることも珍しくありません。これは、砂漠の砂の大部分は石英で、その石英が圧電体(*1)であり焦電性(*2)をもっていて、日光が当たると分極して電子が放出され、放出された電子は大気をイオン化(*3)。空気分子を結合して大きな分子を作るからです。

*1 圧電体:力を加えると電圧が発生したり、逆に電圧を加えると変形したりする性質を持つ。石英、セラミックなど。

*2 焦電性:光や熱を加えると周囲に電荷が生じる性質。圧電体の多くは焦電性もある

*3 イオン化:粒子がプラス、マイナスの電荷を持つこと

 大きくなった分子に太陽光が当たると、コンプトン散乱(*4)が起こります。太陽光は可視光線部分をピークにした波長スペクトルを持ちますが、コンプトン散乱により赤外線側にずれるのです。

*4 コンプトン散乱:光やX線を当てると、少し波長が長くなって反射する性質。

 

 可視光線は6000Kの温度を持ちますが、このままでは地表を暖めた後、周囲の空気を暖めないと気温は上がりません。しかし、可視光線がコンプトン散乱で波長が10倍程度伸びたとします。すると300K〜400Kの温度の赤外線を放射することになります。大気が直接加熱されるのです。ちなみに太陽光発電で使われている太陽光パネルは、波長が短いほうが発電効率がよいのです。3月のまだ肌寒い日差しでも、紫外線側の短い波長の光が十分にあれば、発電効率は上がることになります。

 電子の発生で大気がイオン化され、太陽光がコンプトン散乱で波長が伸びるので、大気が直接加熱される。これが、砂漠が暑い理由です。同じことが北海道の佐呂間でも起きたのでしょうか?

 北海道では2018年9月6日に胆振地震が起きました。以来、断続的に余震が続いています。電気的地球科学では“地震はマントルから湧き上がってくる電子による放電現象”です。胆振地震は深さが約40km付近で起きています。この地震を起こした電子の沸き上がりが、地球の自転方向に引っ張られることで、北海道東部の地表に現れてきたと考えられるのです。地震を起こした電子が地表に湧き出て、大気をイオン化することによって、急激な気温上昇を引き起こしたというのが原因です。<※地震と電子の関係に関する詳しい説明はこちら>

 ところで、地震はマントルから湧いてくる電子による放電現象と説明しました。マントルの上にある地殻は玄武岩、花崗岩で出来ています。これらの岩石は電子をためる性質を持つ誘電体です。岩石にたまった電子は、遠心力と電離層のプラスに引かれ、少しずつ地表に移動します。太陽と月にも影響を受けます。太陽はプラス、月はマイナスの電荷を持つからです。

 春分の日を境に、北半球では太陽のプラスに引かれ、地表に移動する電子が増えます。大気のイオン化が進み、気温も上昇します。ところが最も太陽の影響を受けるのは6月下旬の夏至です。もっとも電子が湧き上がってくる季節ですが、このとき、日本は雨が降りやすい梅雨になります。この動画をご覧ください。

 滝と言うより津波のように雨が降ってきます。雨は蒸発した水蒸気が過飽和状態になって降ると説明されます。しかし、過飽和なら、少し雨が降れば過飽和状態ではなくなります。雲が小さな水滴が浮いた状態であるなら、水滴が落ちてきて雨はそこでやむはずです。動画を見ると雲の位置は変わらないことがわかります。急激に水が発生しているように見えます。じつは雨は空中で合成されるのです。

 大気中には酸素が20%あります。ここに紫外線があたるとオゾンになります。オゾンは上空30km以上で発生するだけでなく低い場所でも発生しています。また、電離層からは大気電流として、水素原子が常に落ちてきています。そこに電子が加わると雨になるのです。

O3 + 2e(-) + 2H(+) ->H2O + O2

 日本の梅雨、東南アジアの雨季は、太陽から引かれた電子が地表に沸いてくることが原因です。日本ではもっとも電子が沸いてくる夏至を中央に、前後の2〜3週間が梅雨になります。興味深いことに梅雨の間は、日本では大地震が少ないのです。地震と雨は同じ電子が原因だからです。

 この画像は、熊本地震の最中に起きた豪雨での雨量を示した図です。熊本地震の震源分布を見ると興味深いことがわかります。

 

 震源の分布と雨量の分布が重なっています。雨と地震が同じ電子による現象であることを裏付けるデータです。

 まとめてみましょう。電子が大量に出てくると大雨になります。電子の量がそれほど多くないときは、大気がイオン化して気温が上がります。夏至から少し過ぎた7月、8月が暑いのは、それほど多くないが地表から湧き出る電子のせいだったのです。