【閲覧注意】初代館長の人体をバラバラにして展示!! 心臓切断…津山三十人殺し近くの「つやま自然のふしぎ館」がヤバすぎる!!

【閲覧注意】初代館長の人体をバラバラにして展示!!  心臓切断…津山三十人殺し近くの「つやま自然のふしぎ館」がヤバすぎる!!

【閲覧注意】初代館長の人体をバラバラにして展示!! 心臓切断…津山三十人殺し近くの「つやま自然のふしぎ館」がヤバすぎる!!の画像

 2018年末、前々からずっと行きたいと思っていた岡山県津山市にある施設に行くことができた。

 津山市へは『津山三十人殺し』の取材で何度か訪れている。

 ただ『津山三十人殺し』の現場の最寄り駅は美作加茂駅だ(最寄り駅と言っても駅から5キロも離れているが)。津山駅には今回初めて下りた。

 到着した日はたまたまクリスマスだった。そして件の施設は定休日であり、しかたなく男一人で津山の街をフラフラ歩いたり、津山城を巡ったりした。津山城の石垣にはハートの形の石があり『愛の奇跡』と呼ばれていた。恋人どうしの新名所だそうだ。

「けっ」と悪態をついて安いビジネスホテルに帰る。

 そして翌朝、ついに施設に足を運んだ。

 その施設の名前は『つやま自然のふしぎ館』という博物館だ。ひらがなの多い、最近っぽい名前の施設だが、もともとは『津山科学教育博物館』という固い名前の施設だった。

 そして、建物自体は『津山基督教図書館高等学校夜間部』の校舎を再利用している。大正15年の開館したとても古い建物だ。

 博物館を作ったのは元呉服店の跡継ぎだった森本慶三氏で、私財で図書館、高校、博物館を立ち上げた。そして『津山科学教育博物館』が開館したのは昭和38年だ。

 700円の入館料を払い、いよいよ館内に入ると、まさにそこは“昭和”だった。脳がズキューンと子供時代にタイムスリップしたような感覚になった。

 壁には手描きの絵で古代の生命が描かれ、同じく手書きの地質年代表があり、ガラスケースに実際の化石が並べられている。反対側の壁にはやはり手描きで自然の山々が描かれている。そして絵の前には、様々な動物たちの剥製が並んでいる。

 この施設は、800種類を超える剥製が展示してあることで知られている。他の博物館にはない希少な動物も多い。それは希少動物の取引を規制するワシントン条約が制定される1958年よりも以前に収集されているからだ。ゴリラ、キリン、ヒョウ、トラ、ライオン、ヤマネコ、クマ……などなどの動物たちがジッとガラスの向こうにいる。

 剥製と言えば、東京は上野にある国立科学博物館の吉本コレクションが有名だ。生きていると見まごうばかりの剥製たちがズラーッと並んでいるのは圧巻である。

 つやま自然のふしぎ館の剥製たちは、それとはまた別の迫力がある。それは、古いコレクションだけに“できが悪い剥製”もたくさんあるのだ。

 ライオンやヤマネコの剥製は見よう見まねで適当に作ったようだ。ヤマネコの足はハンガーを無理やり曲げたような変な角度で曲がっていた。まるで別の生き物のようで、すこしゾッとする。ブードゥーの魔力で無理やり生き返らせたゾンビのようだ。

 迫力を出したかったのだろうか、とにかく怒っている獣が多い。

 ライオンもヒョウもトラも、みんな牙を向いて怒っている。

 ホッキョクグマとミナミゾウアザラシはにらみ合い一触触発の状態だ。実際には北極と南極に住む、最も出会わない動物たちだ。

「肉食獣はとにかく激しく怒らせろ!!」

 と昔かたぎの剥製屋の親方が怒っているのが頭に浮かんだ。彼らは、数十年ずっと博物館を訪れた人たちを威嚇してきたし、今後も数十年数百年威嚇し続けるのだ。

 この博物館には化石や貝類、昆虫など2万点以上も展示されている。地味だけど、興味がある人にとってはとても貴重なコレクションだ。かつて上皇陛下が訪れた時に撮影された写真も展示されていた。

 そして、この『つやま自然のふしぎ館』の最も驚愕な展示物が『人体標本の展示』だ。

 死体の博物館と言えば、タイのシリラート病院博物館が有名だが、日本でも見られると聞いて驚く人も多いだろう。人体の展示の場合その“遺体”の出どころが問題になる。日本でもたびたび開催されていた『人体の不思議展』で展示されていた遺体は、拷問死した法輪功のメンバーではないか? と問題になった。

 しかしこの館で展示してある、遺体には問題がない。なぜなら森本慶三氏の遺体なのだ。

「誰だそれ?」と思った人はルポの最初の方を読んでほしい。この博物館を作ったその人である。

 氏の遺言にもとづいて、臓器が展示してある。「心臓」「肝臓」「腎臓」「肺」、そして「脳」が四角いガラスケースに入れて並べられていた。

 ガラスケースの前には『心臓切断』『腎臓』『脳』などと書かれた説明のプレートが貼られている。心臓は、構造を見せるために切断したのだろうか?

 古い標本なのでホルマリン液は汚れ、臓器は変色している。グロいとか、残酷とかそういう感覚はわかない。

 ただ、やはり人間の臓器が展示してあるという事実は胸をドキドキとさせる。そしてケースの上には、遺言状も貼られていた。

 どういう気持で自分の身体を展示しようと思ったのか? なかなか興味深い。

 キリスト教を信じる館長らしく、『人は万物の霊長』と書かれた額縁とともに、女性の人体模型が展示されていた。

 ただ、バラバラになった館長の身体は、展示されている他の動物たちとあまり変わらない。

『人間ってやっぱごく普通に哺乳類の一種なんだな』と実感する。

 そういう実感は実は大事なものだと思う。嘘くさい新興宗教はだいたい『人間だけは特別だ』と言う。人間がスーパーに並んでいる動物となんら変わらないことを理解したら、カルト宗教に騙されづらくなる気がする。とても良い勉強の場だ。

 この博物館では、期間限定でナイトミュージアムを実施している。昭和感バリバリの雰囲気の中、しかも人間の死体が展示してあるミュージアムを歩くのはかなり怖いはずだ。タイミングがあったらぜひ参加したいと思った。

 わざわざ訪れるにはちょっとめんどくさい場所にあるミュージアムだが、本当にオススメである!!

 なんと言っても、『初代館長の臓器が見られるのは日本でこの博物館だけ!!』なのだ!!

(文・写真=村田らむ)