【緊急】「9月20日、エリア51で宇宙人狩り決定」30万人のエイリアンハンターが集結! 漫画NARUTOを参考に襲撃か!?

【緊急】「9月20日、エリア51で宇宙人狩り決定」30万人のエイリアンハンターが集結! 漫画NARUTOを参考に襲撃か!?

【緊急】「9月20日、エリア51で宇宙人狩り決定」30万人のエイリアンハンターが集結! 漫画NARUTOを参考に襲撃か!?の画像

 

 世界のUFO陰謀論の中心地“エリア51”の正体がついに明らかになるかもしれない。20万人以上のUFOハンターがエリア51を“急襲”する計画を立てているというのだ。

 米ネバダ州の荒涼とした砂漠地帯に存在するエリア51には、ロズウェル事件で墜落したUFOやその搭乗員のエイリアンが運び込まれ、エイリアンから提供された超技術が研究されているといった様々な噂が飛び交う。つい最近までその存在すら米軍の最高機密とされており、現在でも一般人は近づくことすら困難な超厳戒態勢で守られている。

 最近では、エリア51を眺めることができるというティカブー・ピーク(Tikaboo Peak)に足を運んだ親子が、やっとのことで同施設の様子を撮影することに成功したが、望遠のため、映像が不鮮明で詳しい内部状況までは分からない。

 

 恐ろしいことに、英紙「Metro」(7月8日付)によると、今年1月にはエリア51付近のネバダ核実験場に侵入した男性が警備員に射殺される事件まで起こっているという。

・「Over 120,000 alien hunters are planning to ‘storm Area 51’ to discover the truth」(Metro)

 エリア51への接近は射殺の危険さえ伴う……。これでは誰も近づこうとは思わないだろう。だが、この度、命の危険も省みない勇敢なUFOハンターたちがエリア51へ侵入するかもしれないというのだ。

 科学ニュース「Live Science」(7月9日付)によると、フェイスブックページ「Storm Area 51, They Can’t Stop All of Us」が、全世界のUFOハンターに協力を要請、今年9月20日にエリア51に集結せよ、と呼び掛けているというのだ。

・「Nearly 200K People Have Signed Up to Steal Alien Secrets from Area 51 in Late-Summer Raid」(Live Science)

 

「我々は“Alien Center”(エリア51付近のドライブイン)に集まり、エリア51への侵入を試みる。(漫画『NARUTO -ナルト-』の登場人物である)ナルトのように走れば、弾丸も当たらないだろう。奴らのエイリアンを見てやろうじゃないか」

 なんとも大胆な計画だが、現時点で賛同者が27万人を超えているから驚きだ。30万人近くで突撃するとなれば、一個師団を投入しても全員を止めることはできないだろう。

 しかし、どうやらこのフェイスブックページは命懸けの作戦を本気で実行しようとしているわけではないようだ。というのも、主催者の名前が「Shitposting cause im in shambles」(クソ投稿、なぜなら俺はめちゃくちゃだから)というおかしなものだからだという。

 ただ、たとえ主催者が本気でなかったとしても、実際に数十万人が集まれば何かが起こるだろう。その時を楽しみに待ちたい。

 

参考:「Live Science」、「Metro」、ほか