【警告】「今週、11%の確率で巨大地震が発生する」米で地震学者が警鐘! 深海魚も打ち上がって本気でヤバい兆候!

【警告】「今週、11%の確率で巨大地震が発生する」米で地震学者が警鐘! 深海魚も打ち上がって本気でヤバい兆候!

【警告】「今週、11%の確率で巨大地震が発生する」米で地震学者が警鐘! 深海魚も打ち上がって本気でヤバい兆候!の画像

 6月26日、東海大海洋研究所と静岡県立大のグループが、リュウグウノツカイやサケガシラなどの深海魚の出現が地震の前兆であるという説を否定する研究結果を発表した。これを受け、マスコミもこぞって深海魚と地震の関係について「迷信」と断定する報道を行ったが、これはいかがなものか。その後、米カリフォルニアで起きたM7.1の地震でも、発生直前にリュウグウノツカイが打ち上げられていたことなどが判明している。長く地震前兆現象を研究してきた筆者にとって大いに疑問が残る研究結果であるため、どこに問題があるのかを指摘したい。

■「深海魚は地震前兆」迷信ではない!

 日本では、江戸時代から「深海魚が出現すると地震が起こる」といった言い伝えが知られていたが、特にリュウグウノツカイは地震との結びつきが強いと恐れられてきた。

 そうした中で、東海大海洋研究所と静岡県立大のグループは、リュウグウノツカイなど地震の前兆とされる8種類の魚類について調査を行った。1928年11月〜2011年3月に確認された336件の事例を抽出し、深海魚の発見から30日後までに、半径100km以内が震源となったM6.0以上の地震を調べたところ、該当する地震は、2007年7月の新潟中越沖地震だけだったという。このため、古くからの言い伝えは迷信だと結論づけた。

 この研究結果は6月18日付けの米国地震学会誌に掲載された。調査にあたった東海大海洋研究所の織原義明特任准教授は「言い伝えが事実であれば防災に有益だと考えたが、そうではなかった。信じられている地方もあるが、地震の予知に役立つとは言えない」(朝日新聞DIGITAL 6月27日付)と語っている。

■データ抽出の方法に問題はなかったか?

 筆者は長年、地震前兆研究家として活動してきたが、中でも動物が地震の前に示す異常行動の例を多く収集し分析してきた。その立場から東海大などの研究を見ると、疑問に思う部分がある。

 特に、データ抽出の際の条件設定に問題がなかったのか、ということだ。

 まず、東海大などの研究は地震の規模を「M6.0以上」に限っているが、筆者がこれまで前兆の可能性があると判断した事例の多くは、必ずしも「大地震」とは限らず、M4程度の場合もあるのだ。

 次に、深海魚の発見から地震発生までの期間を「30日以内」としているが、これにも疑問が残る。というのも、一般に宏観異常現象(大きな地震の前触れとして発生ないし知覚されうると言われている、生物的、地質的、物理的異常現象)のうち、動物の異常行動は、大規模な地震(M7.0超など)の場合、数カ月前から前兆現象として現れることも少なくないからだ。

 また、「半径100km以内が震源となった」という条件設定も疑問だ。筆者のこれまでの研究から、実際はM7.5〜8超のような巨大地震の場合は、数百キロの距離でも前兆現象が発現する可能性があるかもしれないと考えている。

 筆者のこれまでの研究で分かってきたのは、日本海における深海魚の出没、それが特に冬季の場合には、地震との関連が“ない”ことが圧倒的に多い。おそらく海水温の低下や海流の変化による現象だと考えられる。昨秋から今春にかけて、兵庫県や富山県の日本海でリュウグウノツカイが頻繁に出現した際にも、必ずしも地震に結びつかないだろうと考えていたが、実際に該当するような地震は発生しなかった。

 もし、東海大らがこのような傾向に気づかず、闇雲に大量に収集したデータを「統計的」と称して調査していたとすれば、深海魚の生態などをよく知らず真実を見誤っているのではないかと疑ってしまう。

■科学者の見解

 このような深海魚と地震の関係に関しては、実は日本の多くの科学者によって真剣に研究されてきた。よく知られているのは、「お魚博士」として知られた魚類学者・末広恭雄東京大学名誉教授(1904〜1988)だ。1963年11月11日から数日間、伊豆新島・大島近海で群発地震(最大M4.7)が発生したが、教授は地震の2日前の朝に新島で全長6mのリュウグウノツカイが捕獲されたことをきっかけに研究を重ね、地震前に深海魚が見せる行動を全面的に研究すれば地震予知に役立つと確信を持つに至った。

 また、地震予知の研究で知られる著名な地球物理学者の力武常次(つねじ)東京大学名誉教授(1921〜2004)も、著書『予知と前兆』(近未来社)で、魚類の前兆例を多数挙げている。1968年8月6日に豊後水道でM6.6、最大震度5の地震が起こる4カ月前に八幡浜(愛媛県)でリュウグウノツカイが獲れたという報告を紹介し、「地震発生前に、深海魚が予兆を感じて生息場所を離れたのかもしれない」と書いているのだ。

 さらに、生体電位と地震前兆学の国際権威である鳥山英雄・東京女子大学名誉教授は、2011年12月21日に静岡県牧之原市の静波海岸にリュウグウノツカイが座礁したとき、なぜ打ち上げられたかと聞かれ、「おそらく、プレートが動きひずみができたことによって起こった、電気反応によるものと思われます。【中略】リュウグウノツカイはその電気にショック反応を起こして、今回打ち上げられたのでしょう」(Pouch 2012年1月10日付)と答えた。

 その11日後となる2012年1月1日、鳥島近海でM7.0、最大震度4の地震が発生した。震源から370kmという距離のため、東海大などの統計データでは除外されているが、筆者が収集したデータと比較すると、この規模ならばあり得るだろう。参考までに、深海魚の出現が地震の前兆だったと思われる過去の事例を表にまとめておく。

 このように、そうそうたる科学者諸氏が、なぜ深海魚が打ちあがるのかという点も含めて、長年にわたって真剣に研究を行ってきたが、それは「迷信」を一生懸命研究してきたと切り捨てることが正しいというのだろうか?

■米カリフォルニアM7.1の地震には前兆と予言があった

 皮肉にも、東海大などによる研究が発表された後も、リュウグウノツカイは各地で発見され、それに呼応するかのように地震が起きている。

 7月5日に米カリフォルニア州南部でM6.4とM7.1の地震が立て続けに発生したが、その3週間前にカリフォルニア湾内でリュウグウノツカイが捕獲されていた。震源から約600kmという距離が問題だと考える向きもあろうが、筆者のこれまでの研究によれば、M7超の規模ならば500〜600km離れている場合もあるようだ。今年5月23日にペルー北部マンゴラでリュウグウノツカイが捕獲された時には、3日後にペルーでM8.0の巨大地震が起きた。この時も震源から約600kmの距離だった。

 実は、この地震を予言していた人物がカナダにいる。フランキー・マクドナルド氏(35)だ。彼は自閉症の自称アマチュア気象予報士で、世界的に知られたユーチューバーでもある。通常は世界各地で起こるハリケーンや冬の嵐などをYouTubeで予報するが、早口の英語で、切羽詰まった表情でまくし立てながら、ときには地震予知を行うこともある。

 2016年10月21日、そんなマクドナルド氏はニュージーランドでM7.0以上の地震が起こると予言したが、約3週間後となる11月14日にニュージーランドで現実にM7.8の地震が発生し、世界中にその名を轟かせた。

 他にも、2017年1月23日にチリでM7.0以上の地震があると予言した時には、3か月後の4月24日にチリでM6.9の地震が起こった。

 また、同氏は2018年12月29日に公開された動画で、「2019年に、カリフォルニア州のサンアンドレアス断層で大地震が起こり、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サクラメント、オークランド、サンノゼを襲うだろう。電線や木々を破壊し、建物、道路、橋などにダメージを与える。食料品の供給や輸送手段が絶たれる恐れがある」と予言していた。7月5日の地震では、実際に建物の全半壊、道路の地割れなどの被害が出たことを考慮すると、この予言が的中したといってもよいだろう。

フランキー・マクドナルド氏の2018/12/29の動画

■迷信だという思い込みが招く事態とは!?

 2009年4月6日にイタリアで発生し、300人以上の命が奪われたラクイア大地震(Mw6.3)では、「数日前に発生した群発地震は大地震につながらない」と断言した国家委員会の科学者たちが、死者拡大につながったとして罪に問われた。

 日本ではそのような裁判沙汰にはならないだろうが、東海大などの研究結果によって、一般の人々が「リュウグウノツカイや魚類の前兆現象なんて迷信なんだな」と人々が思い込んでしまったら、どういう影響があるだろうか。

 かつて、とある漁港では、リュウグウノツカイが揚がったら大地震の前兆かもしれないので報告するようにと漁師たちに伝えられていた。だが、いつの間にか「深海魚は大地震の前兆ではない」という話が“常識”となってしまい、深海魚の打ち上げのような現象を目にしても人々が深刻に捉えなくなり、それによって大地震や津波の犠牲者が増えるとすれば、いったい誰が責任を取るのだろうか? 地震のように人命に関わることは、そのことを肝に銘じて慎重に研究にあたってもらいたいものだ。

 先日インタビューを行った日本の水研究の権威・久保田昌治氏は、「森羅万象のうち、現代の科学でわかっていないことの方が遥かに多い」と語っていた。東海大らの研究のように現在の科学でわかっていないからといって、それを“迷信”と決めつけるのは、もはや暴論に近いのではないか。

 われわれ地球に住む人間は、地下や海底で何が起こっているかを正確に知らずに生きている。「わからないことはわからない」と言えばよいものを、徹底的な研究をせず地震の前兆現象など“無い”と断言してしまうことは愚かなことだ。

■カリフォルニア「Big One」はこれから!?

 実は、USGS(米地質調査所)の科学者によると、地震を起こした断層システムが成長しているため、地震の連続は今回のM7.1で終わりではなく、これから「Big One」、つまりもっと大規模な地震が発生する可能性があるという。米国の著名な地震学者であるルーシー・ジョーンズ博士などは、ロサンゼルス・タイムズの取材に対して、「M7クラスの地震が(さらに)起きる確率は11%」と指摘している。

 今回の震源はラスベガスの西150kmほどの地点で、サンアンドレアス断層に沿った砂漠地帯と考えられており、複数の専門家が断層活動の活発化を懸念している。M7規模の地震が起こった後では、余震が数年間続くこともあるが、東日本大震災や熊本地震でわれわれが経験済みであるように、M6規模の地震が起こっても、さらに大きな地震が控えているという可能性は常に頭に入れておくべきだろう。ちなみに、マクドナルド氏は6月5日に公開したYouTube動画で、2020年9月にカリフォルニアで大地震が発生する可能性があると警告している。

 東海大などの研究に戻るが、ある事象を完全に「迷信」と断じるのは、誰にも反証できない証拠を提示した場合にのみ許されることではないだろうか? 日本を代表するの偉大な物理学者である寺田寅彦氏(1878〜1935)は、地震の研究でも評価が高かったが、次のような言葉を遺している。

「『生物のことは物理でわからぬ』という経典的信条のため、こういう研究がいつも異端視されるのは誠に遺憾なことである。科学の進歩を妨げるものは素人の無理解ではなく、いつでも科学者の科学そのものの使命と本質への認識の不足である」

 今回のような統計調査を行うにあたっても、対象が動物であるからには、深海魚の生態などを十分に研究してから行うべきだろう。いみじくも地震について研究することを本分とする科学者ならば、さまざまな分野の情報を総合して「いかに人命を助けるか」に最大限注力すべきなのであり、結果的に犠牲者を増やしてしまうようなことがないよう願いたいものだ。

参考:「Is Japanese Folklore Concerning Deep‐Sea Fish Appearance a Real Precursor of Earthquakes?」(東海大海洋研究所と静岡県立大のグループの研究)、「Los Angeles Times」、ほか