【取材】さおだけ屋はなぜ潰れないのか、裏社会編! 関東の“竿竹ヤクザ”にインタビュー、酷い実態を暴露!

【取材】さおだけ屋はなぜ潰れないのか、裏社会編! 関東の“竿竹ヤクザ”にインタビュー、酷い実態を暴露!

【取材】さおだけ屋はなぜ潰れないのか、裏社会編! 関東の“竿竹ヤクザ”にインタビュー、酷い実態を暴露!の画像

 2005年に光文社から発売された『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?〜身近な疑問からはじめる会計学〜』は、会計士である山田真哉から見たさおだけ屋の理論の書籍が発売され話題を呼んだ。

 トカナでは、この本のように数字や理論から迫った竿竹屋では無く、竿竹屋を未だにシノギ(主に暴力団関係の団体・人物が収入を得るために使う手段)としているある人間に接触し、その驚くべき内情を取材することに成功した。もちろんこれは我々が取材した一部の竿竹屋についてであり、竿竹屋業界全体を示すものではない。だが、暴力団が絡む竿竹屋が、関東に存在していることは事実で、我々が取材した竿竹屋は、関東周辺の某県警からマークされている。

 筆者とこの竿竹屋を繋いだのは長年取材を協力してくれている人間(以下Z)だ。我々は、Zに案内され、竿竹屋さん(以後X)との接触に成功。これまでの経歴などを訪ねた。

ー経歴は?
X「私は元々暴力団組員です。今から30年前に足を洗ってカタギになったんですけど、や
はり暴力団時代に味わったおいしいシノギには飛びついちゃんですよね。それで始めたの
が竿竹屋です」

―それを始めたのは何年前か?
X「20年以上前ですね」

―他の職業の選択肢は無かったのか?
X「色々ありましたよ。だけど資本がかからない他のいいシノギはすでにほかの人間が飛びついてましたから。竿竹屋にしました」

―竿竹の仕入れやトラックの手配などお金が掛かったのでは?
X「掛かりません」

―それはなぜですか?
X「トラックは私の知り合いの会社で金利が高めの自動車ローンを組んで、インセンティブを頂いていますね。竿竹は買い取りにさせています。当然、その竿竹にも私の儲けを乗せています」

―ベストセラーになった“さおだけ屋はなぜ潰れないのか”では、数字の“からくり”とさおだけ販売に便乗して物干しの修理まで請け負ったり、色々無駄が出ないから潰れないという理論だったと思いますが、それは当てはまりますか?
X「その本は知らないけど、“さおだけ1本500円”とか地方に行けばやっていますよね。でもそれじゃ儲けは出ないですよ。だからうちは20センチ500円。今はネットで2000円も出せばきれいなアルミの物干し竿が買えますけど、「そんなのは耐久性が無いからダメ」とか説得しながら切り始めちゃえば、2メートルで5000円の竿竹が売れちゃうんですよね」

―詐欺ですよね
X「この件で訴えられたことはありませんね。大体さおだけを買う世帯は老人の世帯が多いので、時間を掛けて話をすれば皆さん納得なさります。売り子も老人を雇っていますので、騙されたとは思わないんでしょうね」

―竿竹屋さんは訪問販売で、過去にステンレスのさおだけ4本と物干し台2台を24万円で売って、クーリングオフ制度の説明をしないで摘発された例がありますね。
X「知っていますよ。6,7年前に愛知で起こった事件ですよね。あれは酷いですね。さおだけはそれだけを扱ってればいいんですよ。欲を出して物干し台までバカ高く売っちゃから、摘発されてしまう。うちはお客さんよりも売り子がターゲットなのよ(笑)老人の売り子にバカ高いローンを組んで竿竹を買取らせてるからね。お客さんよりも前に泣かせちゃってるわけ(笑)」

―さおだけの売り子さんの集め方を教えてください。
X「求人広告で、独立して軽貨物事業始めませんか、とか宣伝を打つと、宅配事業と勘違いした人が1週間に2,3人は来るんです。で、うちは軽自動車の組合にも入ってるので、軽自動車の荷台に幌を付けてまずは配達業をお願いするんです。でもそれを1個につき100円以上私がピンハネしていく。そうすると、運転手は嫌がって、さおだけを売らせてくれ、と言ってくるわけ。あと、辞めたいから軽自動車を買い取ってくれとかお願いされたりね」

―酷いですね
X「軽自動車のローンを組んだら、名義はローンを組んだ車屋さんで、使用者は本人です。だけど支払えない、要らないとなったら車屋が引き揚げますけど支払い義務は残ります。だから残債は支払わないといけない。だけど使わないから軽自動車なんか要らないとなります。そうすると私が車屋に代わってが安く買い叩きます。それで次に申し込んで来た人間に少しだけ値引いて車屋からローンで売るんですよ。値引いてと言っても売値が高いからそれだけでも結構儲かります。他には少しでも安く買いたいからこの業界に入りたいと言った人間に残債に私の儲けを乗せてリースします」

―さおだけ屋以外のシノギですよねー
X「さおだけ屋だけで食える人間はいないですよ。銘竹を竿竹に使おうとする人がいれば、それはそれで儲けを考えますがね(笑)


―今は何人雇用しているの?
X「常時関東周辺に10台は走らせています。土日は休みですね」

―なぜ土日は休みなのか?働き方改革からなのか?
X「土日は老人だけの家も少ないし、出掛けている家も多いから割に合わないからですね」

―1台いくら儲かっているのか?
X「うちはさおだけを買い取らせるシステムだから1台1万かな。運転手は売れば売るほど儲かるから、儲かる奴は5万位になる時も」

 そのように語るXであるが、どうしても詐欺まがいの商法に違いないと確信して再度そこを突っ込んだ。

―詐欺ですよね?
X「詐欺と言ったら詐欺だな。1回回った地域は2度と回れないからな(笑)」

 顔は笑っているが目が笑っていないのを筆者は感じ取り、会話を聞いているZの方を見たら“止めろ”と目配せをするので、取材はここで終了となった。

 Xは予想以上にあっさり詐欺商法を認めた。詐欺をしているのだから儲からないわけが無い。しかし、詐欺師は最後まで騙されてることに気付かれないのが本物なのだが、Xは簡単に白状してしまった。お客さんと雇用している人間を騙すXのさおだけ屋は、土日以外関東のどこかで走っている。