【今日は何の日】8月1日は最悪の《スクール・シューティング事件》が起きた日! テキサス大学で乱射、15人が殺害された

【今日は何の日】8月1日は最悪の《スクール・シューティング事件》が起きた日! テキサス大学で乱射、15人が殺害された

【今日は何の日】8月1日は最悪の《スクール・シューティング事件》が起きた日! テキサス大学で乱射、15人が殺害されたの画像

 

『「テキサスタワー乱射事件」発生中に旗の台座に隠れる女性』

1966年8月1日は、『テキサスタワー乱射事件』によりのテキサス大学オースティン校で15人が殺害された日である。

犯人のテキサス大学大学院生チャールズ・ホイットマンは、28階建ての校舎の上にある時計塔にカービン銃、ライフル等を持ち込み、93メートルの高さから無差別に眼下の通行人を射撃し始めた。
ホイットマンは元海軍に所属していた一級射手で、高地からの攻撃には警察も手が出せず、93分もの間、その狂気の銃弾の雨は止むことがなかった。

その恐怖は、遠くに死体が転がる前で必死に台座に隠れているこの写真からもよくわかる。
結果的には地下水道から侵入した警官がホイットマンを射殺して事件は解決したが、15人の死者と31人の負傷者を出し、1999年4月20日の「コロンバイン高校銃乱射事件」が発生するまでの最悪の《スクール・シューティング事件》だった。

裕福な家庭の好青年と見られていたホイットマンが犯行に及んだ理由は定かではないが、父親による幼少期からの体罰、もしくは脳にできていた腫瘍がひどい頭痛を与えていたこと等が、発作的な暴力衝動を生んだのではないかとみられている。

そして、この事件の犠牲者はまだ存在した。ホイットマンは犯行前の深夜に、自らの妻と母を射殺していたのだ。事件後のそれぞれの人生の苦難を考えての射殺であったというが、果たして、このアメリカ史上に残るスプリーキラーは、何を守るために虐殺に出かけなくてはならなかったのだろうか。

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>