【ホワイト国除外】日本憎しの文在寅大統領が「韓国を身売り」!? 北朝鮮に眠る700兆円地下資源をめぐる攻防とは!?

【ホワイト国除外】日本憎しの文在寅大統領が「韓国を身売り」!? 北朝鮮に眠る700兆円地下資源をめぐる攻防とは!?

【ホワイト国除外】日本憎しの文在寅大統領が「韓国を身売り」!? 北朝鮮に眠る700兆円地下資源をめぐる攻防とは!?の画像


 禁断の果実に手を出す気なのか――。

「ホワイト国」から除外されただけで怒り狂う韓国の文在寅大統領。その言葉は過激さを増し、お隣北朝鮮とルーツは同じであることを再認識させられる日々だ。5日に行われた首席・補佐官会議では「南北間の経済協力によって平和経済が実現すれば、我々は一気に日本経済に優位に追いつくことができる」とした上で「大韓民国は道徳的優位を基に成熟した民主主義の上に平和国家と文化強国の地位をより高め、経済強国として新たな未来を開くだろう」と持論を展開。北朝鮮頼みの政策に韓国国内からも「正気か」と異論が上がっているが、当人は大真面目だ。

 文氏の頭にあるのは、日本円にして600〜700兆円とも言われる北朝鮮の地下資源。外交関係者によれば「北朝鮮の地底には金・銀・レアアースなどが眠っており、韓国だけでなく、米国や中国、ロシアも開発利権に関わりたい」という。利権を手にするには、北朝鮮と友好関係でなければならないが、北朝鮮は5日から始まった米韓合同軍事演習に猛反発しており、直近1週間で3発のミサイルを発射した。このままでは文氏の南北コラボ≠ヘ絵空事で終わってしまう…。

 そこで考えられるのが、米韓合同軍事演習を20日で終えたあと、更新期限の迫る日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄することだ。政界関係者の話。

「GSOMIAを破棄して喜ぶのは北朝鮮。米国は嫌がるだろうが、ドナルド・トランプ大統領が金正恩を『恋人』と呼び、3回目の米朝首脳会談に前向きな姿勢を見せている。文氏はこの首脳会談で米朝関係が劇的に進展すると読んでいる。米朝が握手すれば、文氏はGSOMIA破棄を手土産に、米朝の輪の中に入ることができる」

 その先には夢の南北統一≠ェあるというが、ここにきて衝撃の情報が浮上している。韓国事情に詳しいライターは、

「韓国が統一を持ち掛けるのではなく、北朝鮮が韓国を併合≠キるイメージだ。韓国経済はもはや死に体で、若者の就職率は最悪レベル。一方、北朝鮮は今がどん底で、今後は資源開発などで一気に経済大国にのし上がる可能性がある。文氏は大統領就任当初から北朝鮮のことしか頭になく、過去には米韓で共有していた軍事情報が北朝鮮側に漏れ、米当局が『文在寅は北朝鮮のスパイか!?』と疑ったほど。文氏は先のない韓国を見切り、成長余地のある北朝鮮に身売り≠キるつもりではないか」と推察する。

 日本も拉致問題がある以上、北朝鮮の機嫌を損ねることはできない。安倍晋三首相は「次は私の番だ」とばかりに、日朝首脳会談に意欲を見せているが、北朝鮮からは全く相手にされていない。

「このままいけば、日本だけが蚊帳の外に置かれかねない。そうなれば、日韓の力関係は逆転することも考えられる」(政界関係者)

 売国奴とののしられても構わない――。日本憎し≠フ文在寅が禁じ手にでるかもしれない。