必要な経費の一部を都が助成 都内商店街活性化へつなげる 「商店街起業・承継支援事業」

暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15〜)。今回は都と東京都中小企業振興公社が都内商店街活性化に向けて実施している「商店街起業・承継支援事業」の新年度募集についてや、約150の法人の情報などを掲載した「福祉の仕事就職フォーラム」特設サイトを紹介しました。



◆商店街起業・承継支援事業

都と東京都 中小企業振興公社は、「商店街起業・承継支援事業」の新年度募集を始めます。

「商店街起業・承継支援事業」は、都内商店街で新規開業または既存事業の後継を行う場合に、店舗の新装や改装、設備導入などに必要な経費の一部を助成することで、商店街で開業する人や事業を後継する人の育成や支援を行い、都内商店街の活性化につなげる事業です。

主な申請資格は、創業予定の個人または中小企業者であること、予定店舗は都内の商店街であること、開業が助成金交付決定日以降であることなどの要件を全て満たしていることが必要です。

助成対象期間は、交付決定日から開業日の翌々月までで、最長1年間です。店舗賃借料は2年間です。助成率は対象経費の3分の2以内、助成限度額は最大580万円です。

第1回の申請エントリー期間は、4月7日(水)〜27日(火)までで、申請書類提出期間は、4月28日(水)〜5月14日(金)までのうち、公社が指定する期日の午後5時までです。交付決定日は、8月1日の予定です。

助成対象となる業種や助成対象経費など、詳しくは、東京都中小企業振興公社のウェブサイトをご覧ください。

申請方法などを詳しく説明している動画もあります。

関連リンク
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/shotengai.html




◆福祉の仕事就職フォーラム

東京都は、「福祉の仕事就職フォーラム」特設サイトを開設しました。

都は、学生や求職者に福祉の仕事の魅力を伝え、事業者との出会いの場を提供する、都内最大級の福祉系合同就職説明会「福祉の仕事就職フォーラム」を、毎年、開催しています。

今年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、対面型のイベントを中止する代わりに、出展予定だった約150の法人の情報などを掲載した特設サイトを開設しました。

勤務地域や施設の分野、募集対象、資格などで検索ができる法人情報では、各法人のPR動画、人材育成方針、採用関連情報などを見ることができます。気になる法人があれば、「問い合わせフォーム」を利用し、資料請求・施設見学などについて、直接、メールで連絡を取ることができます。

さらに、福祉業界セミナー動画が、間もなく公開される予定です。

関連リンク
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/02/18/10.html
https://www.fukushi-forum.jp/




◆"コロナ・感染症差別”やめましょう

都は、感染症と人権に対する理解の促進や差別解消に向けた人権啓発映像を、2本、作成しました。

人権啓発動画「新型コロナウイルスと人権 STOP! コロナ差別」では、戦うべき本当の相手は人ではなくウイルス、差別をなくし、エッセンシャルワーカーにエールを送ろうなどのメッセージを呼びかけています。

「感染症と人権 〜一人ひとりがともに生きる仲間として〜」は、HIV・エイズ、ハンセン病などの感染症への正しい知識や理解で差別・偏見をなくし、ともに生きる仲間として手を取りあうことを呼びかけています。

この2本の動画は、「東京動画」「東京都人権部チャンネル」で見ることができます。

関連リンク
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/02/24/03.html
https://tokyodouga.jp/life/rights
https://www.youtube.com/playlist?list=PLBuPgafouWckVRBKcEz9OA9Ye6sZzLa1H




<番組概要>
番組名:東京インフォメーション
放送日時:毎週月―金曜 7:15〜7:20
キャスター:久保井朝美、平川彩佳
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/

関連記事(外部サイト)