東京五輪終了で都内の住宅価格はどうなる…家を買うならいつがいい?

TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。8月17日(火)放送の「フラトピ!」では、“東京五輪後の住宅価格”について取り上げました。



◆東京五輪後に住宅価格が下がるはデマ

今回、"東京五輪後の住宅価格”について解説してくれたのは、NewsPicksのプロピッカーで不動産ITベンチャー「TERASS」代表取締役の江口亮介さん。

巷では五輪の影響で東京都内の住宅価格が上がり、終われば下がるのではとの話も挙がるなか、江口さんは「結論から言うと、東京五輪後も住宅価格は下がらない」と自身の予想を明言します。

その理由は、「東京五輪が始まって住宅価格が上がったと思っている方もいるが、そうではない」と江口さん。住宅価格の推移を見ると、東京五輪開催が決定した2013年9月の半年以上前から価格は上昇。その背景には"アベノミクス”があり、「アベノミクスは市場に出回るお金の量を増やし、モノを買いやすくしていこうと始まった。そして、住宅ローンの金利が下がり、その結果、家が買いやすくなり、欲しい人が増え、物件価格が上がった」とメカニズムを解説。江口さんは「そうしたことが10年ぐらい続いていることが価格上昇の一番の要因」と指摘します。

では、なぜ東京五輪後に住宅価格が下がるのではという話が流布されたのか。その理由を聞いてみると、1つは東京五輪開催に当たって始まった関連施設の建築ラッシュ。そこに職人が取られ、マンションを建てることができなくなり価格が上昇。そして、東京五輪後には職人の供給が増して安く作れるのではないかという考え方があったと言います。しかし、「確かにその要素はあるが、それよりも金利の下落のほうがインパクトは強かった。さらに、デベロッパーは5年ぐらいのプランで建築物を作っていくので、オリンピックが終わったからといって仕事がなくなるわけではない」と説明します。

◆住宅を購入する最適なタイミングは?

過去のオリンピックを見てみると、例えば1996年のアトランタ五輪(アメリカ)、2000年のシドニー五輪(オーストラリア)、2004年のアテネ五輪(ギリシャ)、2012年のロンドン五輪(イギリス)の4ヵ所は、しばらくして価格が調整されたところはあるものの、五輪終了後に不動産価格が大幅に下落したところはありません。

それどころか開催後に急激に価格が上がっているところが目立ちます。江口さんは、「なぜオリンピックをやりたがるかといえば、経済に好影響があるから。観光客が増え、税収が増え、インフラ投資ができて経済がよく回り、(住宅価格が)上がっていったケースが多い」とその理由を語ります。

しかし、今回の東京五輪ではこれまでと違い"コロナ”という因子があります。そのあたりについて江口さんは「同じではないと思う」と言い、「無観客開催で海外からのお客もなく、経済効果は少なく、好影響もなかったと思うので、過去の五輪のように開催後に(住宅価格が)グンと伸びることは考えづらいが、終わったからといって下がる要素でもない」と力説。

ここでNPO法人「あなたのいばしょ」理事長の大空幸星さんからは、過去のオリンピック開催国、とりわけギリシャなどは五輪後に多くの負債を抱えるなど経済状況が悪化していると指摘。

そうした実態経済と住宅価格の相関関係について江口さんは、「日本は特にリンクしていると言われている」と言います。そして、「特に東京の不動産価格は、日経平均と連動性がすごく高いと言われている。そのため、今後経済の混乱によって日経平均が下がれば不動産価格も釣られて下がる傾向が強まる」とも。

そして最後に、住宅を購入したい人はいつ買えばいいのか聞いてみると、価格が下がらない理由はあくまで金利が安いからで、「今後も(金利は)急には上がらないというのが市場のコンセンサス」と江口さん。総じて「住宅ローンを使って住宅を買いたいと思っている人は"今”買ったほうが良い」と強調します。

今後、価格がどうなるかを予想するのは難しいものの、現状では購入可能な物件が底をつき、需要バランスが崩れているため価格が上昇していると側面に触れます。そして、いつ在庫が戻るかといえば、2年ぐらいはかかると考えている人が多いと江口さん。そんななか、「今買うと2年間分の家賃を払わなくて済むことを考えると、2年間待っても得は少ないので、住宅ローンを使って買うのであれば今がおすすめ」と改めて主張していました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:堀潤モーニングFLAG
放送日時:毎週月〜金曜 7:00〜8:00 「エムキャス」でも同時配信
キャスター:堀潤(ジャーナリスト)、田中陽南(TOKYO MX)
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/morning_flag/
番組Twitter:@morning_flag

関連記事(外部サイト)