大国魂神社で恒例のすす払い 正月準備進む

各地で新年を迎える準備が進む中、東京・府中市の大国魂神社では、恒例のすす払いが行われました。

 大国魂神社では100年以上前から毎年12月27日にすす払いを行い、境内を清めています。3人の神職はおよそ3メートルの忌笹(いみざさ)を手に持って、建てられてから350年の歴史を持つ本殿から1年のほこりや汚れを落としていきました。すす払いには大掃除のほか、社殿を清め、1年の災いを取り除く意味合いもあるということです。

 境内にはしめ飾りや正月飾りが並び、初詣客を迎える準備が着々と整えられました。大国魂神社では三が日には例年、50万人ほどの参拝者が初詣に訪れるということです。