思わず泊まりたくなる「進化系カプセルホテル」…興味深い付加価値が

TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)、「フラトピ!」のコーナーでは、付加価値を加えた“進化系カプセルホテル”をキャスターの田中陽南が取材しました。



◆普段知ることのできない睡眠の質がわかる

まず田中が向かったのは、赤坂にある「ナインアワーズ赤坂」。

カプセル内は広く、デザインもモノトーンでオシャレではあるものの、一見どこが進化しているのかわかりません。

実は、カプセル内に設置された黒い箱のなかに赤外線カメラが。その他にも、集音マイクや体動センサーが設置されており、睡眠中の眠りの深さ、心拍数、いびきの回数や音量などをデータ化。利用者の睡眠の質を解析してくれます。

そして、解析結果は翌朝に届き、眠りの質をすぐにチェックすることが可能。

同ホテルでは、コロナ禍による健康意識の高まりから昨年12月にこの機器を導入。利用者に自分の睡眠がどのようになっているのか、それを知るきっかけになってもらえればと思っているそうです。

◆渋谷で旅行気分が味わえて、若い女性に人気

続いては、渋谷にある女性専用のカプセルホテル「NADESHIKO HOTEL SHIBUYA」。

田中が「すだれに和風の絵が描かれていて、和風でとても落ち着く空間」と語るように、ここは渋谷の街の喧騒とは正反対の、旅館のような落ち着く空間を意識して作られています。

テーマは「和風モダン」で、女性がくつろげるよう至るところに和のテイストが散りばめられており、なかでも田中が「気になっていた」というのは「浴衣」。

旅館の雰囲気を増すべく、利用者は色とりどりの浴衣のなかから好きなものを選んで着ることができ、最近では浴衣姿で友達と写真を撮る方も多いとか。

また、大浴場には檜風呂があるほか、壁面には夕焼けに染まる富士山が描かれているなど、温泉旅館に来たような気分が味わえます。

さらに、巾着に入ったスキンケアセットは好きなものを選ぶことができ、持ち帰りもOK。

運営する株式会社USENの小仲井さんは「渋谷にこうした和の小さなスペースは意外とないので、お風呂とセットで旅館気分を楽しんでもらおうと思い和モダンに」と開業の経緯を語り、「若い子が近場で短い時間で旅行気分を楽しむ使い方が非常に増えた気がする」と実感を語りました。

◆カプセルホテルで気軽にできるファスティング体験

最後は市ヶ谷にある「ファーストキャビン市ヶ谷」。

飛行機のファーストクラスをイメージした高級感漂う部屋を2,000円台から楽しむことができるこのカプセルホテル。進化したポイントは、「断食」。ここでは気軽にできる断食・ファスティングを提案しています。

この3月から同ホテルでは、断食を推奨する医師が監修した断食プランを導入。チェックインの午後6時からチェックアウトの翌朝10時までの16時間は食べ物を口にせず、空腹を抑える効果のあるオリジナル筋トレ動画でのエクササイズなどをしながら過ごします。16時間ものを食べないことで体内の老廃物を一新し、細胞が新しく生まれ変わる"オートファジー”という機能が体内で発動すると言われ、それによって健康や美肌の効果が高まるそう。

断食を無理なく行うため、我慢ができない場合などには断食中に良いとされるナッツやデトックスウォーター、さらには5種類から選べるスムージーなど健康によく食べられるものも用意され、さらには高級美顔器が無料で使用可能。

健康と美への意識が高まる人が増えるなか、宿泊しながらファスティングを気軽に行うという新しいライフスタイルを先取りすべく、今回のサービスを導入したそうです。

これにキャスターの堀潤は「なるほど、いいですね!」と興味津々。というのも、堀はたびたびファスティングに挑戦するも、途中で誘惑に負けてしまい諦めた経験があるから。

一方、タレントで起業家の加藤ジーナさんは、大学の卒業旅行で行ったサハラ砂漠でキャンプした夜が忘れられないそうで、「カプセルホテルの程よい空間にあの日の夜が広がっていたら当時(の気持ち)に戻れる気がする。そうした疑似移動体験にちょうどいいスペースなんじゃないかな」と笑顔をのぞかせます。

また、臨床心理士のみたらし加奈さんはコロナ禍で話題になったワーケーションを引き合いに「場所を変えるだけで全然違う。仕事が捗ったりするのでカプセルホテルは最適な空間」と言いつつ「睡眠の質の解析はしてみたい」と関心を寄せていました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:堀潤モーニングFLAG
放送日時:毎週月〜金曜 7:00〜8:00 「エムキャス」でも同時配信
キャスター:堀潤(ジャーナリスト)、田中陽南(TOKYO MX)
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/morning_flag/
番組Twitter:@morning_flag

関連記事(外部サイト)