「住み心地の良い街」ランキングで市ケ谷が2位に

「住み心地」に注目した街のランキングが初めて発表されました。調査は首都圏1231の駅周辺で行われ、およそ6万人から聞き取って作成されました。

 発表されたランキングを見てみると、2位には都心の市ケ谷駅が入っています。市ケ谷周辺といえば防衛省や靖国神社などが有名ですが、高校や大学が点在し、閑静な住宅街もあります。

 市ケ谷駅周辺に住む人からは「JRや地下鉄があるので、どこに出掛けるにも便利」「いろいろな駅が近いし、交通の便がいい」などと、多くの人から聞かれたのが交通の利便性です。市ケ谷駅はJR総武線各駅停車、東京メトロの有楽町線と南北線、都営地下鉄新宿線の4線が乗り入れていて、新宿まで10分かからず、東京と池袋までは12分ほどで行くことができます。また、大通りから少し入った住宅街は静かで治安もよく、生活環境がいいという声も聞かれます。地域住民からは「子育てがしやすい」「静かですね。昼と夜が全然違って、昼はにぎやかだが、夜はすごく静か」「春になると土手のサクラがとてもきれい。(行政が)緑を増やそうという目標を持っているみたいなので」といった声が聞かれました。

 街の魅力が明らかとなった今回のランキングに、調査を行った大東建託は「今後も調査を続けて、その変化を見つめていきたい」としています。