田中みな実、“マザコン彼氏”でもOK!? その条件は…

田中みな実がメインMCをつとめるTOKYO MX(地上波9ch)の情報バラエティ生番組「ひるキュン!」(毎週月〜金曜12:00〜)。3月4日(月)放送「東京ホンネ調査室」のコーナーでは、「結婚するまで『実家暮らし』を公言するマザコン彼氏、どうすべき?」というテーマで街頭調査をしました。

今回のテーマは、番組に寄せられた26歳女性の相談メールから。彼女には結婚を視野に入れてお付き合いしている28歳の彼氏がいるそうです。経済的にも性格的にも申し分ない彼ですが、今まで一人暮らしをしたことがなく、さらには「結婚するまで絶対に実家暮らし」と断言しているのだとか。というのも、彼はマザコンだそうで、普段から身の回りの世話はすべて母親に任せきりなのだと言います。

そこで今回は、そんなマザコン彼氏を放っておくべきか、それとも別れたほうがいいか、街頭調査してみました。

◆結婚するまで「実家暮らし」を公言するマザコン彼氏、どうすべき?
・放っておく派の意見
「マザコンはある意味、家族思いの良い人とも捉えられる」(22歳 女性)
「結婚してしまえば、結局はお嫁さんの色に染まるから心配ない」(55歳 女性)
「マザコンを解消させるために徐々に言っていけばいい。マザコンだけで別れるのはもったいない」(20歳 女性)
「お母さんに愛を向けられるということは、それだけ誰か1人のことを一途に思えるということ」(19歳 男性)

・別れたほうがいい派の意見
「その男性は自立できていないと思う。普段お母さんに任せている家事を、結婚後はお嫁さんに押し付けそう」(32歳 女性)
「親に固執しているところが気持ち悪い」(21歳 女性)
「男ならもうちょっと自立しろと思っちゃう」(20歳 女性)


月曜パートナーのいとうまい子からは、元彼のマザコンエピソードが飛び出します。彼は当時30代だったそうですが、母親を「ママ」と呼び、就寝時は母親とふとんを横並びにして寝ていたとか。「プラトニックな関係だった」ため特に支障はなかったと言いますが、「そういうのはやめたほうがいいんじゃない?とは伝えた」とのこと。

結局はマザコンが原因ではなく、いとうの芸能関係の仕事に反対され、別れてしまったと言います。その経験から、「無理に別れようと思わなくても、別れるときは別れるもの」と話すいとう。最後は「自分が彼を好きかどうか。そこだけで突き進めばいいと思う」と相談者の背中を押しました。


田中は、「私がこの相談者だったら、彼の実家で一緒に暮らしてみる」と話します。そのうえで「数ヵ月暮らしてみて“しんどい”と思ったなら別れちゃえばいい。大丈夫だったら(彼の)お母さんと仲良くなればいい」と提案します。

さらには、相手がマザコンであっても「性生活がちゃんとあればいい」との爆弾発言が。「ちゃんとキスや体の関係もあるうえでなら、彼のお母さんになってあげる!」と話し、自身の恋愛観をのぞかせました。

しかし最終的には札をひっくり返し、“別れたほうがいい”の意見も提示する田中。「今の私の年齢(32歳)なら別れない。けれど、相談者の方はまだ26歳とのことなので、別れてもいいと思う」とアドバイスを送りました。


番組では、「結婚するまで『実家暮らし』を公言するマザコン彼氏、どうすべき?」という質問で視聴者による生投票も実施しました。

◆結婚するまで『実家暮らし』を公言するマザコン彼氏、どうすべき?
放っておく……53%
別れたほうがいい……47%



ちなみに、精神科医のゆうきゆう先生によると、マザコン気質の男性には「空気が読めない」「自信がない」といった特徴があるそうです。そんなマザコンを母親から自立させるには、彼女が「サポートする」「話を聞く」「褒める」などして母親のような存在になるほうがよいのだとか。そうすることで、母親との関係性が彼女へ移る可能性が大きいのだそうです。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:ひるキュン!
放送日時:毎週月〜金曜 12:00〜12:55
メインMC:田中みな実 アシスタント:徳光正行
パートナー:原口あきまさ、いとうまい子(月曜)、クリス松村(火曜)、木本武宏(TKO)、近藤サト(水曜)、アンミカ(木曜)、ゴリ(ガレッジセール)(金曜)
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/variety/hirukyun/
番組Twitter:@hirukyun_9ch