春の風物詩 六義園で『しだれ桜と大名庭園のライトアップ』

暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月ー金曜、朝7:15〜)。
今回は六義園で毎年恒例の『しだれ桜と大名庭園のライトアップ』や、東京2020大会や東京の魅力を発信するプロジェクションマッピングなどを紹介しました。

◆春恒例“六義園のライトアップ”

今日から六義園で毎年恒例の「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」が開かれます。

これは、六義園のシンボルともいえる高さ、約15メートル、幅約20メートルものしだれ桜をはじめ、園内をライトアップする、六義園の春の風物詩です。

来月3日(水)までの期間中は、通常は午後5時までの開園時間が午後9時まで延長され、日没からライトアップされます。

これに合わせて午後8時まで、軽飲食やお土産などを販売する「さくら茶屋」と抹茶と和菓子セットを販売する「抹茶茶屋」が開設されるほか、午前11時と午後2時にはボランティアの案内で園内を散策する「庭園ガイド」が実施されます。

サービスセンター前または、染井門の前にお集まりください。

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/12/26/07_02.html


◆21日から“Tokyo Vision"投影

「Tokyo Vision 500 Days to Go! Night」が21日(木・祝)から始まります。

このイベントは、東京ビッグサイトとパナソニックセンター東京の建物の壁に、東京2020大会や東京の魅力を伝えるプロジェクションマッピング午後6時のスタートに先駆け、21日(木・祝)午後5時40分からは、シンボルプロムナード公園イーストプロムナード・石と光の広場でオープニングセレモニーが開かれます。

「Tokyo Vision 500 Days to Go! Night」は、21日(木・祝)から24日(日)までの毎日、午後6時から8時半まで実施されます。
と来場者からの大会応援メッセージを映し出すものです。


関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/03/01/11.html


◆「東京宝島ミュージアム」開催

都心にいながら、島しょ地域の魅力を見て、聴いて、味わって、感じることができるイベントが、22日(金)から3日間開かれます。

「東京宝島ミュージアム あなたの知らない東京が見つかる」は、島のブランディングに取り組んできた島民によるプレゼンテーション形式の発表があり、事業者とのビジネスマッチングが行われます。

また、実際に島を訪れたフォトグラファー・モデル・編集者・インスタグラマーなどのインフルエンサーや島の生産者などが、独自の食文化の魅力を語るトークセッションもあり、島の食材を使った料理の試食会やスイーツの販売が予定されています。

そして、11の島それぞれの魅力を「音」を通じて体感できる展示が行われ、イルカや鳥の目線になれるVR体験もできます。

この「東京宝島ミュージアム」は22日(金)から24日(日)まで、東京ミッドタウン アトリウムで開催されます。
初日は午後1時から6時まで、2日目と最終日は午前11時から午後6時までです。

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/03/07/12.html


◆統計グラフコンクール入賞作品展

「第66回東京都統計グラフコンクール入賞作品展」が開かれます。

東京都統計グラフコンクールは統計知識と統計の表現技術の向上を目指し、都内在住・在学・在勤の小学生以上を対象に毎年行なわれています。

小学生が1・2年生、3・4年生、5・6年生の3つの部、中学生の部、高校生以上の学生・一般の部のほか、パソコン統計グラフの部があります。

今回は、合わせて1,703点の応募があり、入賞作品に57点が選ばれました。
その中から、「東京都知事特別賞」、「東京都知事賞」、「東京都教育委員会賞」などを受賞した15作品が都庁第一本庁舎1階中央に展示されます。

22日(金)から28日(木)までの平日、午前8時から午後6時45分までで、最終日は午後4時半までとなっています。

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/03/05/08.html


<番組概要>
番組名:東京インフォメーション
放送日時:毎週月ー金曜 7:15〜7:20
キャスター:村山千代、槙あやな
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/