田中みな実、アンミカから「好みの男性ゲストで“目を皿”に」

田中みな実がメインMCをつとめるTOKYO MX(地上波9ch)の情報バラエティ生番組「ひるキュン!」(毎週月〜金曜12:00〜)。3月28日(木)放送「東京ホンネ調査室」のコーナーでは、「困難が立ちはだかったときどうする?」というテーマで街頭調査をしました。

この日のゲストは、お笑いコンビ・爆笑問題などが所属する芸能事務所タイタンの代表取締役社長、太田光代さん。今年の新年会で転倒し、骨折して手術まで受けたそうですが、術後、仕事を優先するために麻酔を拒否。「病は気から」と言い聞かせ、気力で耐えていたとか。

太田さんは困難を気力で乗り切りましたが、世間の人たちはどう対処するのか。次の3択から、ホンネを街頭調査しました。


◆困難が立ちはだかったときどうする?
・気力で乗り切る派の意見
「マラソンに出たとき、30km過ぎから足が痛くなったけど、気力で乗り切った。練習は、サボりたくなるときもあるが『マラソンに出る!』とまわりに宣言して、自分を追い込んだ」(49歳 男性/会社員)
「今までで一番大きかった困難は大学受験。浪人中、がんばっても模試で成果が出ず、勉強をやめたくなったが、1日何十時間もの勉強をして、気力で乗り切った」(28歳 女性/会社員)

・助けてもらう派の意見
「上の娘の出産後、大学院でMBA(経営学)の勉強をしていた。勉強と子育ての両立は大変だったけど、夫や家族の支えがあり、なんとかやり抜けた」(37歳 女性/会社員)
「会社を経営していたとき、取引先が潰れて逃げられてしまい、自己破産も考えた。最初は逃げようかとも思ったが、助けてもらったことで、気力が湧いて乗り越えられた」(54歳 男性/自営業)

・逃げる派の意見
※回答なし


スタジオでは、田中が「助けてもらう」、太田さんと木曜パートナーのアンミカが「気力で乗り切る」と回答。

太田さんは、冒頭のエピソードに加え、「気力と言うより自力。困難は自力で乗り越えてきた」と強い一面を垣間見せます。

幼少期は貧しく、病院にかかることができなかったアンミカは、自力で歯の矯正をしたり、鼻の骨折を治したりしたそう。「お医者さんに(治し方の)アドバイスをもらって、自分で治した。そうすればタダだから!」と話し、「この鼻は自力で治した鼻。この顔は気力でできた顔!」と明るく宣言。これには、田中も太田さんも爆笑。


田中は、「すぐに光代さんやアンミカさんを頼って、助けてもらっている。みなさんの助けがあり、今の自分がある」と感謝を口にします。ただし「誰彼構わず助けてもらおうとすると、ただの“かまってちゃん”になってしまう」と自戒する一面も。そして「そうならないため、助けてくれる人はちゃんと選ぶ」との対策も。


ちなみに、アシスタントの徳光正行の場合は「もっぱら助けてもらう」とか。「徳光コンツェルンがある。お金に困ったときは、キャッシュディスペンサーが……」と開き直り、47歳の今なお、父・和夫さんのすねかじりであることを自虐的にアピール。

田中から「女性と揉めたときは?」との質問には、間髪入れず「逃げます!」と即答。ダメ男っぷりを披露し、女性陣を引かせていました。

番組では、「困難が立ちはだかったときどうする?」という質問で視聴者による生投票も実施しました。

◆困難が立ちはだかったときどうする?
気力で乗り切る……44%
助けてもらう……26%
逃げる……30%



3月いっぱいで番組が終了するため、木曜パートナーのアンミカ、木曜お天気お姉さんの原奈津子はこの日が最後の出演。アンミカは、「みな実ちゃんは好みの男性ゲストが来ると目を皿にする(笑)」と話しつつも、「愛くるしい姿にほれそうになったし、プロ意識も高く、たくさん勉強させてもらった。これからも“みんなのみな実”でいてね」と呼びかけました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:ひるキュン!
放送日時:毎週月〜金曜 12:00〜12:55(※番組終了)
メインMC:田中みな実 アシスタント:徳光正行
パートナー:原口あきまさ、いとうまい子(月曜)、クリス松村(火曜)、木本武宏(TKO)、近藤サト(水曜)、アンミカ(木曜)、ゴリ(ガレッジセール)(金曜)
番組Webサイト:http://s.mxtv.jp/variety/hirukyun/
番組Twitter:@hirukyun_9ch