松本零士、タイトル『999』に込めた想いを明かす

舞台「『銀河鉄道999』さよならメーテル〜僕の永遠」の公開ゲネプロが行われ、主演の中川晃教(36)さん、原作者の松本零士(81)さんらが登場しました。

この舞台は、主人公の鉄郎が母親の仇を討ち、様々な出会いから新たな想いを抱いていく物語。

原作者である松本零士さんは、タイトルに込めたある想いがあるそうです。


「『999』っていうのは、永遠の青春ですから、『1000』になると大人になるんですね、『999』は。それを私は自分の中でず〜っと心の中に持ってたの。『999』にこだわったんです」と明かしました。