首都高でひき逃げか バイク運転手死亡

6日未明、首都高速道路でバイクに乗っていた男性が転び、後ろから来たバイクにぶつかって死亡しました。警察はひき逃げ事件として、捜査しています。

 午前1時ごろ、千代田区永田町の首都高速道路のトンネルをバイクで走っていた、介護士の小宮惇平さん23歳が後ろから来たバイクに衝突されました。この事故で、小宮さんは首のあたりを負傷し病院に運ばれましたが、その後死亡しました。警察は、小宮さんが転んだところにレーシングタイプのバイクがぶつかり、そのまま走り去ったものとみています。

 この事故の影響で首都高速道路の内回り、北の丸から三宅坂ジャンクションの間で、午前1時半から6時間ほど通行止めとなりました。