特産品など堪能!おすすめふるさと博覧会スタート

東京・浅草の商業施設で、全国の自治体によるご当地メニューや伝統文化の体験を楽しめる博覧会が7月13日から3日間限定で始まりました。

 浅草の商業施設「まるごとにっぽん」で開催されるのは、全国12の自治体・地域の特産品や伝統文化を楽しめる「おすすめふるさと博覧会」です。

 この博覧会は夏休みの旅行シーズンを前に多くの人にご当地に興味を持ってもらい、盛り上げていきたいという目的で開催されています。

 会場では鹿児島県・種子島の伝統文化「火縄銃」を撃つ迫力満点のパフォーマンスや、初めて見る伝統品や普段あまり手に入らない特産品を前に楽しんでいました。

 イベントを運営する担当者は「商品の背景、地域のことを実際に町の方や生産者の方から聞いてより知った上で、食べたり実際に体験する中で楽しんでほしい」「知らない地域でも現地の人との触れ合いや伝統文化の体験から、日本の新たな魅力を感じてほしい」としています。