「海の日」 東京・葛西海浜公園で海開き

東京都内は7月に入ってから梅雨寒の日が続いていますが、「海の日」の15日、葛西海浜公園では海水浴体験のイベントが始まり、海開きをしました。

 7月も後半に入りましたが、この日の東京都心の最高気温は25.0℃で、梅雨寒の1日となりました。日照時間が非常に短く、例年より4℃ほど低い気温となりました。

 なかなか夏は感じられませんが、「海の日」の15日、東京・江戸川区の葛西海浜公園は海開きをしました。海水浴体験は8月25日までの42日間行われます。

 この海水浴場は水質が改善したことなどから2012年から復活し、これまでに20万人以上が海水浴を楽しんでいるということです。また、海水浴期間中の日曜日や祝日にはスイカ割りや投網体験などもできる「里海まつり」が開かれます。