イケダンが“婦人服アレンジ”でファッション対決! 女性店員も絶賛のオシャレNo.1は…

7人の“イケダン”が特技や経験を生かし、世のため人のために1放送1善を目指すTOKYO MX(地上波9ch)のバラエティ番組「イケダンMAX」(毎週木曜25:05〜)。8月1日(木)深夜の放送では、前回に引き続き、視聴者からのお悩みファッション企画の後編をお届けしました。

世の中の役に立つことなら何でも請け負う「助っ人屋 イケダン」。MCのタイムマシーン3号扮する社長・関太と店長・山本浩司に雇われた、安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央の“イケダン”たちが出勤中!

関社長からの鶴の一声で、お年寄りの聖地・巣鴨を舞台に、婦人服のコーディネートでファッションセンスを競い合うことになったイケダンたち。

前回は、阿部、真田、萩谷、安井自らがフィッティングし、コーディネートを披露したところで終了。今回は、大穴の長妻、大本命の森田、ダークホースの諸星の3人が披露します!

◆長妻怜央 テーマ「涼しい!」

長妻が登場するやいなや、カメラ目線でポーズを決めるも「これはヤバイわ!」との声が飛び交います。というのも、色のトーンは統一感があるものの、丈の短いパンツから長妻の長い脚が・・・!

山本店長は「スタイルがいいんだから、もうちょっとしっかり(セレクト)してくれればカッコイイのに……コンセプトがわからない」と辛口の評価が。パッと見、ホットパンツのように見えていたボトムスについて「本当はもうちょっと長いんですよ」と長妻。なんと暑いからという理由で、パンツの丈をたくし上げていたことを明かします。

前回、女性さながらのワンピスタイルで美脚を披露した安井とツーショットを決めると、大盛り上がり。萩谷から「こういうグループがいたら、どう思いますか?」との問いに、山本店長は「めちゃめちゃ箱推しする! こんなグループがいたら最高」と酷評を撤回する一幕も。


◆森田美勇人 テーマ「Summer trend 2019.」

続いては、ファッションセンスに定評のある森田。試着室からモデルさながら颯爽と登場すると、「お〜っ!!」「すごい!」と大歓声が起こります。

森田曰く、トレンドを取り入れているとのこと。「今年の夏は、パステルカラーよりも淡めとか、パステルカラーがトレンドなんです」と説明。そんな森田が組み合わせた絶妙のファッションセンスを、山本店長は「おばあちゃん、おじいちゃんのいい感じのテロテロ感が、涼しさを演出している」と絶賛。阿部も「どの年代が着ても、映えそう」と舌を巻くほど。


◆諸星翔希 テーマ「Metallic man.」

大トリを飾ったのは諸星。登場を前に「まとまり感で言えば、絶対に負けないと思います」と自信満々のコメント。山本店長が「どうする? このまま(登場せず)エンディングに行く手もあるよ?」と意思確認をするも「あの〜、いやコレ……出したほうがイイと思いますよ」と自信をのぞかせます。


そんな展開の後、満を持して姿を現すと、どこからともなく「あ〜あ……」と失笑が。なんと簡易寝袋を取り入れる斬新さに加え、頭に傘を被り、メタリックカラーで統一。“まとまり感”を猛アピールするも、山本店長からは「むしろ、まとめたことで散らかっている」と鋭い指摘が飛びます。


◆巣鴨ファッション対決を制したのは……

イケダン全員のコーディネートが出揃い、オシャレNo.1を決することに。特別審査員として、マルジの女性店員2人も加わります。個性的なイケダンを前に、「自分たちでは考えつかない」「ヤバイですね」とコメント。

関社長から発表されたイケダンファッションセンスNo.1は、森田美勇人! 満場一致かと思いきや、なんと真田との2人で意見が割れたそう。そんな内情を聞き、真田は「まさかの! 真田がやってきた!」と満面の笑み。女性店員は森田を選んだ理由について「一番着たいなと思った」と評しました。


ちなみに最下位も発表され、満場一致で諸星の名が。関社長曰く、その風貌から“銀の人”と呼ばれるほどのコーディネートはインパクト大だったようで……。諸星はこの結果に「長妻と競るかなと思ったのに……」と悔しさを滲ませていました。

◆若者の街・渋谷で仕切り直し!

イケダンのファッションセンスがわかったところで、一行は若者の街・渋谷へと場所を移し、古着チェーン店「ドンドンダウン オン ウェンズデイ渋谷宇田川町店」を舞台に、2チームに分かれこの夏のおススメコーデを披露。

先ほどNo.1の称号を手にした森田のチームには、ファッションをイチから学ぶべく長妻と諸星が選出。一方、惜しくも2位と善戦した真田が、安井、萩谷、阿部を束ね、関社長をコーディネートします。巣鴨で負けた布陣にコーディネートされることに不服そうな関社長の口からは「森田くんにお願いしたいよ」と本音も。そんな不安な幕開けながら、2チームがそれぞれ店内で物色を開始します。

真田チームは、たまたま手に取ったイエローのタンクトップで関社長のサイズ感をチェックしようと試着してもらうことに。ところが、ピッチピチの腹出しスタイルとなってしまい、真田が「スポーツブラみたいになっている。これは、破かないと脱げないやつ!」とツッコミを入れ、一同爆笑。


そんな真田チームを尻目に、森田はすんなりとセレクト完了。白を基調としたペールトーンを取り入れた夏コーデに、同店の村田店長からは“合格点”のお墨付きとともに「上着を羽織るか肩にかける、手に持つなどで色がもう1個入るといいかも」とのアドバイスが。

森田の夏コーデの紹介を終え、強引に番組を締めくくろうとする山本店長に、「オーイ!」と声を荒げながら関社長が登場。その独特すぎる夏コーデに、山本店長が「これをセレクトしたの誰?」と問うと、「4人で……」としどろもどろに答える阿部。そんな責任のなすり合い状態の真田チームに、「そこは『俺です!』でいいだろ。罪の分担みたいなの、やめろよ!」と怒り心頭の関社長。


視聴者からの「彼氏のファッションセンスがダサいので、なんとかしてほしい」というお悩みを解決するはずが、そっちのけの夏コーデを披露するという結果に、「助っ人屋 イケダン」一同、カメラに向かって謝罪するという波乱のエンディングとなりました。

次回8月8日(木)の放送もどうぞお楽しみに!

放送はTOKYO MXのほか、無料動画配信サービス「エムキャス」で、全国から番組がリアルタイムで視聴可能です。

「エムキャス」はアプリまたはPCサイトから無料で視聴ができます。「エムキャスアプリ」から番組を視聴すると、Twitterのツイートと連動してお楽しみいただけますので、ぜひご利用ください。

詳しくは「エムキャスとは」のページをご覧ください。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:イケダンMAX
放送日時:毎週木曜25:05〜25:35  「エムキャス」でも同時配信
出演:安井謙太郎、真田佑馬、諸星翔希、森田美勇人、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央
MC:マイムマシーン3号
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/ikedan_max/
番組Twitter:@ikedanmax