警察病院から逃走男 練馬方面に逃走後、区外に移動か

窃盗の疑いで逮捕された後、入院していた東京・中野区の病院から韓国籍の男が逃走した事件で、新たな情報です。男は中野駅からバスを乗り継いで練馬方面に逃走し、さらに練馬区以外の場所に移動したとみられることが新たに分かりました。

 警視庁によりますと、韓国籍の金ウォン(さんずいに「元」の文字)基容疑者(64)は、8月13日に中野区内のすし店から現金8万円を盗んだ疑いで逮捕されました。その時にけがをしたため、いったん釈放され、東京警察病院に入院していましたが、18日、警察官の隙を突いて病院から逃走しました。警視庁は逃走を続ける金容疑者の動画や画像を公開し、指名手配をして行方を追っています。

 これまでの捜査で、金容疑者は病院の近くからバスに乗ってJR中野駅に移動し、その後、練馬駅行きのバスに乗り換えて、練馬区内でバスを降りたことが確認されました。さらに警視庁への取材で、練馬区以外の場所に逃走したとみられることが新たに分かりました。