大使館取材を突撃交渉!快諾してくれたフレンドリーなアフリカの国は?

東京に関わるさまざまな外国人の視点で東京の魅力を再発見するTOKYO MX(地上波9ch)の国際情報バラエティ番組「明日どこ!? DX」(毎週金曜12:29〜)。8月23日(金)放送の「大使館晩餐会」のコーナーでは、特別編“大使を探せ”と題し、アフリカ各国の大使館関係者への出演交渉の模様をお届けしました。

◆アフリカ各国の大使館関係者に突撃アポ

今回の特別編では、イスラエルと日本のハーフタレント・コーヘン会さんに重要なミッションが託されることに。

夏休みで沖縄にいるという番組スタッフからの手紙が渡され、そこには「横浜でアフリカの国が集まるフットサル大会に、僕の代わりに参加してもらえないでしょうか? 各国の大使館関係者が参加するらしく『大使館晩餐会』のオファーをしてきてほしい」との無茶ぶりが。

早速、フットサル大会「AFEC CUP 2019」の会場を訪れたコーヘンさん。この大会は、8月28日(水)〜30日(金)に横浜で開催の「TICAD 7(第7回アフリカ開発会議)」の告知と交流の場を兼ねて企画されたもの。


大会には、ナイジェリア連邦共和国、セネガル共和国、コンゴ民主共和国、カメルーン共和国、マリ共和国、エチオピア連邦民主共和国、タンザニア連合共和国、コートジボワール共和国、アンゴラ共和国、ケニア共和国などたくさんの国が参加しています。

コーヘンさんは、参加選手に話を聞きながら大使館関係者を探すことに。なかなか見つからず苦戦するなか、会場に張られたテントに「For Ambassador(大使館の方専用)」と書かれた張り紙を発見!

入り口近くにいた人に声をかけてみたところ、なんと相手は駐日タンザニア連合共和国大使館のジョン・F・カンボナ全権公使。ナンバー2のポジションだそうで、「大使館を1日取材したい」と申し出ると、「いいよ、どうぞ!」と即オーケーをもらい幸先の良いスタートを切ります。


これに気を良くしたコーヘンさん、タンザニア全権公使の隣にいた人に声をかけてみると、この人も、駐日マラウイ共和国大使館のナンバー2、ベントレー・ナマサス副大使という幸運が続きます。大使館の取材をお願いしたところ、「もちろんいいよ!」と快諾。

そして、駐日ケニア共和国大使館のフェスタス M. ワングェ公使参事官、在日ナイジェリア連合会のケネディ・フィンタン・ンナジ会長も、大使に取り次いでくれるという好感触が続きます。

さらに、声をかけた相手は、駐日コートジボワール共和国大使館のジェローム・クロー・ウェヤ特命全権大使! 積極果敢に取材を申し入れるコーヘンさんに、「いいよ! 公邸も大丈夫だよ」と大歓迎の大使。


コーヘンさんの努力の甲斐あって、今回取材アポのオーケーをもらった国は、タンザニア、マラウイ、ケニア、コートジボワールの4ヵ国、ナイジェリアも後日連絡をいただけるという大収穫でした。


※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:明日どこ!? DX
放送日時:毎週金曜 12:29〜12:55 「エムキャス」でも同時配信
※再放送 翌週火・木・土曜 23:00〜23:30 <TOKYO MX2>
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/asudoko/
番組Twitter:@asudoko_dx