ハートの池・裏砂漠などをめぐるハイキングなど、外国人旅行者向けの多摩・島しょ地域体験型旅行を販売

暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15〜)。
今回は多摩地域・島しょ地域へ旅行者を誘致するための外国人旅行者向けの体験予約サイト「Voyagin」の多摩地域と神津島の特集ページについてや、都が初期費用なしで住宅に太陽光発電を設置するサービスに対し助成する事業などを紹介しました。

◆外国人旅行者向け“体験型旅行”

都と東京観光財団は、多摩地域・島しょ地域へ旅行者を誘致するため、外国人旅行者向けの体験型旅行商品を販売しています。

これは今年度からの新規事業で、多摩・島しょ地域へ旅行者を誘致するために、地域の観光資源を活かした外国人旅行者向け体験型旅行商品の発掘、磨き上げを行ない、販売する取組です。

各プランは外国人旅行者向けの体験予約サイト「Voyagin」の多摩地域と神津島の特集ページに英語で紹介されており、そこから申込みができます。

多摩地域では、ふくろうと一緒にお鷹の道や国分寺などの散策、お土産付きの酒蔵見学・利き酒体験など。

神津島ではハートの池・裏砂漠などをめぐるハイキングツアー、伝統料理を民宿で名物おかみと作る体験など、地域の自然や文化を学べるプランが合わせて16件、販売されています。

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/08/01/16.html


◆住宅用太陽光発電・初期費用ゼロ

都は、初期費用なしで住宅に太陽光発電を設置するサービスに対し助成する事業を実施しています。

この「住宅用太陽光発電初期費用ゼロ促進事業」は、住宅の所有者が初期費用ゼロで太陽光発電を導入できること。

故障時の修理サービスも含まれていること。

太陽光発電が非常用電源にもなること。そして、地球温暖化の防止にも貢献できること、の4つが特徴です。この制度を利用して太陽光発電を設置するには東京都環境公社に登録されたプランの中から1つを選び、直接事業者に設置を依頼します。

各事業者のサービスの詳細は、ホームページに掲載されています。

自宅にあった設置サービスを検討し、見積もりなどは事業者にお問い合せください。

今年度の助成金の受付は来年3月31日までで、申請はサービスを提供する事業者が行います。

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/08/01/06.html


◆自閉症の理解と回復を目指して

京都医学総合研究所、都医学研の研究内容や関連する最新情報を分かりやすく伝える都民講座が開催されます。

今年度4回目の今回は、「自閉症の理解と回復を目指して」と題し、昭和大学発達障害医療研究所所長の加藤進昌さんと、東京都医学総合研究所、参事研究員の山形要人さんが講演します。

来月27日(金)、午後6時半から8時まで、世田谷区にある烏山区民会館ホールで開かれます。

往復はがき、またはメールで来月24日(火)必着でお申込みください。

1通で2人まで申込め、定員は先着350人、参加費は無料です。

なお、第5回は「睡眠と心の関係」をテーマに、10月10日(木)に開催されます。

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/08/01/08.html


◆「観光経営人材育成講座」を開講

東京都は東洋大学と連携し、観光産業の経営やマネジメントを担う人材を育成する講座を開講します。

この産官学連携による「観光経営人材育成講座」は、インバウンド観光・観光資源マネジメント・データの活用・日本版DMO・女性を活かす組織といった講義や成果発表会など17のカリキュラムを、来月28日から11月30日までの間の6日間、すべて土曜日に開催されます。

対象は都内在住・在勤で、地域の観光振興組織・観光産業に在籍する幹部候補やマネージャー層を目指す人などです。

東洋大学のウェブサイトから応募シートをダウンロードし、来月6日(金)までにメールでご応募ください。

定員は30人、受講は無料です。
書類選考の上、結果は来月13日(金)までにメールで送付されます。

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/08/01/17.html


<番組概要>
番組名:東京インフォメーション
放送日時:毎週月―金曜 7:15〜7:20
キャスター:久保井朝美、平川彩佳
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/