男子中学生が死亡、自殺か 東京・西葛西

東京・江戸川区のマンションで中学2年の男子生徒が倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。男子生徒が自殺を図って転落した可能性があり、警察が状況を調べています。

 警視庁によりますと9月2日午前9時ごろ、江戸川区西葛西のマンションから通報があり、駆け付けた警察官が私立中学2年の男子生徒(14)が駐車場で倒れているのを発見しました。男子生徒は病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

 男子生徒は午前7時ごろに新学期初日の中学校に登校するため、家を出る姿を母親が確認していましたが、その際、なかなか家を出ないなど、普段と様子が違っていたということです。

 これまでに遺書は見つかっていませんが、警視庁は男子生徒が自殺を図った可能性があるとみて、詳しく調べています。

<1人で悩まず相談を>

 今回、背景に何があったのかはまだ明らかになっていませんが、転落事故が起きたのは新学期初日で、警視庁は自殺を図ったものとみて調べています。

 夏休み明けの新学期に自殺に至ってしまう児童や生徒が後を絶ちません。悩みを抱えている場合はどうか1人で悩まず、周囲に相談してください。

 例えば東京都教育委員会は、友人や家族との関係や学校生活などのさまざまな相談を受け付ける「ホットライン」を設け、24時間・年中無休で受け付けています。

「東京都いじめ相談ホットライン」
電話:0120-53-8288(無料・24時間・年中無休)※いじめ以外の相談も可能

 また、電話で相談がしづらい場合は、無料通信アプリ「LINE」でも相談をすることができます。LINEでの相談は送信は24時間受け付けていますが、返答は午後3時から午後10時までとなります。