“東京1964パラ”当時の貴重な記録映像が東京都公式動画チャンネルで公開

暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15〜)。今回は東京都公式動画チャンネルで公開されている1964年の東京パラリンピックの記録映像や、マンション管理士が来年4月に施行される管理状況届出制度に関する問い合わせにも対応する「分譲マンション総合相談窓口」などを紹介しました。



◆“東京1964パラ”記録映像

1964年の東京パラリンピックの記録映像が「東京動画」に掲載されています。

掲載されたのは、記録映像「社会復帰への歌声 パラリンピック東京大会」です。

開会式は代々木公園陸上競技場、織田フィールドで行われました。

やり投げやトラック競技など、各国の選手が各競技で競う姿も見ることができます。

現在、人気のパラ競技の1つ、車いすバスケットボール。64年の東京大会では、屋外競技だったようです。

競技のほかにも、各国選手の交流や閉会式に至るまで、5日間の大会を知ることができる貴重な映像です。

東京都公式動画チャンネル「東京動画」でご覧になれます。

関連リンク
https://tokyodouga.jp/oMM5tzjcVzI.html



◆分譲マンション総合相談窓口

都は、マンション管理士が来年4月に施行される管理状況届出制度に関する問い合わせにも対応する「分譲マンション総合相談窓口」を開設しました。

(住宅政策本部 鎌田毅仁課長)
「東京の分譲マンションの戸数は約184万戸と都内の全住宅の約4分の1を占めており、主要な住居形態として広く普及しています。

一方で、建物の老朽化と居住者の高齢化といった『2つの老い』が進行しており、ひとたびマンションが管理不全に陥れば、周辺環境にも深刻な影響を及ぼす恐れがあります。

こうした状況を踏まえ、都は良質なマンションストックの形成などを図り、都民生活の安定向上と市街地環境の向上を目的に、ことし3月に条例を制定しました。この条例は、大きく分けて3つの内容があります。

1つ目は、都や管理組合、事業者などの責務の明確化です。
2つ目は、来年4月からスタートする管理状況届出制度で、1983年(昭和58年)以前に新築された6戸以上のマンションの管理組合は、管理状況の届出が必要になることです。
3つ目は、管理状況に応じた助言・支援などの実施です。

この条例を踏まえ、都は『分譲マンション総合相談窓口』を開設しました。管理組合の運営に関する相談のほか、大規模修繕工事の検討や準備に関する相談、東京におけるマンションの適正な管理の促進に関する条例の内容や管理状況届出制度に関する説明などを行っています。」

相談は、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで、電話・FAX・メール、または事前予約の上「総合相談窓口」のある東京都防災・建築まちづくりセンターで受け付けています。

(鎌田課長)
「マンションの専門家であるマンション管理士がお応えします。分譲マンションの管理・建替え・改修について、お気軽にご相談ください。」

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/09/20/12.html



◆麻薬・覚醒剤乱用防止運動

今月30日(土)まで全国で行われている「麻薬・覚醒剤乱用防止運動」の一環として、都民大会が今月24日(日)の午後1時から、都議会議事堂1階の都民ホールで開催されます。

薬物乱用防止ポスター・標語入賞者の表彰式、都の取組紹介などがあります。

19日(火)までに、郵送・電話・FAX・メールのいずれかでお申込みください。定員は先着200人です。

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/10/28/09.html



◆子育て支援員のための就職相談

「子育て支援員のための就職相談会」が、今月16日(土)の午後0時半から、TOC五反田メッセで開催されます。

都内で保育事業や学童クラブ事業などを行う25の事業者が参加予定で、仕事内容、労働条件、採用時期などを相談することができます。

対象は、子育て支援員研修の修了者・受講者などで、当日自由に入退場できます。

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/10/16/14.html



<番組概要>
番組名:東京インフォメーション
放送日時:毎週月―金曜 7:15〜7:20
キャスター:久保井朝美、平川彩佳
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/

関連記事(外部サイト)