東日本大震災の風化防止と東北4県を応援する「復興応援・復興フォーラム 2020 in 東京」開催

暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15〜)。今回は東日本大震災の風化防止と支援継続を呼びかけるために毎年開かれている「復興応援・復興フォーラム 」や、都内の犯罪被害者・その家族・被害者支援団体などを対象にした実態調査の結果について紹介しました。



◆復興応援・復興フォーラム

「復興応援・復興フォーラム」が開催されます。

このイベントは、都と青森・岩手・宮城・福島の各県が、東日本大震災の風化防止と支援継続を呼びかけるために、毎年開いています。

オープニングセレモニーには、小池知事、岩手県の達増知事、ラグビー元日本代表の大畑大介さん、車いすラグビー選手の庄子健さんが参加。

東北4県プログラムでは、学校の部活や野球・ラグビー・サッカーの地元チームの活動など「スポーツによる復興」をテーマに取組事例が発表され、東京都の応援プログラムとしてミニライブとトークが行われます。

このほか、東北4県ワークショップ、4県の県産品とご当地パンの販売、各県のおいしいプレゼントが当たるクイズラリーも実施されます。

「復興応援・復興フォーラム 2020 in 東京」は、今月16日(日)の午前11時から、東京国際フォーラムのホールB7で開かれます。

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/12/19/21.html




◆「犯罪被害者等の実態」調査結果

都内の犯罪被害者、その家族、被害者支援団体などを対象にした実態調査が行われました。

犯罪被害者などの被害後の心身の状況の変化については、「不眠」「疲労」が7割を超え、5割以上の人が「食欲不振」「うつ状態」を訴えていました。性犯罪・性暴力被害者にしぼると、フラッシュバックや回避・まひなどの「PTSD」も7割を超えています。

被害後の生活上の変化の状況では「周囲との人間関係が疎遠になった」が8割以上。

性犯罪・性暴力被害者では「加害者からの再被害の不安を感じるようになった」「自分を責めるようになった」が多くなっています。

被害後の他人の言動や態度に傷つけられる二次的被害について、傷つけられた相手として「加害者と加害者関係者」が7割以上。

被害者のおかれた状況の世間一般の認知については、「全く知られていない」と「あまり知られていない」を合わせると8割に上っていました。

関連リンク
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/01/15/12.html




◆東京スマイルボトルプロジェクト

「東京スマイルボトルプロジェクト」の「冬のWEBキャンペーン」が実施されています。

都の水道局の「東京スマイルボトルプロジェクト」は、マイボトルなどで外出先でも高品質な東京の水道水「東京水」を飲用する、環境にやさしいライフスタイルを推進しています。

今月28日(金)までの「冬のWEBキャンペーン」期間中、特設サイトで2つのコンテンツが楽しめます。

「VR東京水ができるまで」は、普段は入れない水道施設などを臨場感あふれる360度の映像で疑似見学しながら、水道水ができる過程を体感できます。

「東京スマイルボトルクイズ」は、VR映像をヒントに、安全でおいしく環境にもやさしい「東京水」を学べます。

そして、クイズと「東京水」についてのアンケートに答えると、抽選でオリジナルQUOカードやステンレス製マイボトルが当たります。対象は、都営水道給水区域に在住・在勤・在学の人です。

関連リンク
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/01/27/16.html




◆知事の「手洗い」 実践動画

新型コロナウイルス感染症の予防には正しい手洗いが大切なことから、都は小池知事が解説する動画を作成し、実践を呼びかけています。

新型コロナウイルス感染症に関連した動画には、知事からのメッセージや相談窓口を紹介するものもあり、東京都公式動画チャンネル「東京動画」でご覧になれます。

関連リンク
https://tokyodouga.jp/lViN9C_BS-0.html




<番組概要>
番組名:東京インフォメーション
放送日時:毎週月―金曜 7:15〜7:20
キャスター:久保井朝美、平川彩佳
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/

関連記事(外部サイト)