2日以内に脳梗塞を発症!? 油断禁物の「一過性脳虚血発作(TIA)」とは?

TOKYO MX(地上波9ch)のワイドショー生番組「バラいろダンディ」(毎週月〜金曜21:00〜)。1月23日(木)放送の「無病息災!バラいろ健康学会 2ndシーズン」のコーナーでは、産婦人科医の丸田佳奈先生が「一過性脳虚血発作(TIA)」の予防と対策について解説しました。



◆2日以内に脳梗塞に!?

脳梗塞とは、脳の血管が詰まり血流が悪い状態が続き、脳細胞が死んでしまう病気です。

一方、今回取り上げる「一過性脳虚血発作(TIA)」とは、一時的に脳が虚血状態となって脳梗塞の症状が起き、24時間以内に改善するもの。

「(脳の血管が)詰まるんですけど、そのあとすぐに再開するので症状は短時間のみ。通常だと、大体数分〜数十分で消えます」と丸田先生。但し、一過性脳虚血発作の症状があった場合、「この発作を起こした直後から3ヵ月以内に、15〜20%が本格的な脳梗塞に。そしてその50%が48時間以内に起こってきますから、"脳梗塞の前兆”とも言われています」と警鐘を鳴らします。

さらには、「一過性脳虚血発作の段階で治療すれば、3ヵ月以内の脳梗塞の発症率は2%まで下げることができます。ですから、早期受診・早期治療が必要な緊急疾患なんです」と声を大にします。

◆一過性脳虚血発作の原因
一過性脳虚血発作の原因は、次の2つに分けられます。

【1】血栓
血管や心臓内でできた血栓が、脳血管に流れて一時的に詰まるも、溶けて血流が再開するパターン。

【2】血管の狭窄(きょうさく)
動脈硬化によって血管が狭くなってしまっているところは、もともと血流が悪いです。そのため、脱水や血圧が低下するとさらに流れが悪くなり一時的に血流が途絶えるものの、再開するパターン。

◆発作後に脳梗塞を起こしやすい人
・60歳以上
・高血圧(140/90mmHg以上)
・糖尿病

丸田先生は、例として上記の3つを挙げ「高齢者だったり、基礎疾患があったりするとなりやすい」と説明。

◆一過性脳虚血発作の予防と対策
・水分の摂取、動脈硬化を防ぐ生活
脱水で血流が低下すると症状が起こるので、水分を摂取し、動脈硬化を防ぐ生活を心がけましょう。

丸田先生は、「症状がキーポイント。自分で判断しなければならない。お医者さんに行っても検査に異常が出ない可能性があるので、症状を覚えていることが重要」と強調し、主な4つの症状を挙げます。

◆こんな症状に注意!
・通常片側
ほとんどの場合、一過性脳虚血発作は脳の片側で起こります。よくある事例としては、食事中、いきなり手に力が入らなくなり、お箸を落としてしまうが、すぐに回復するといったケースがあるようです、

・手足や顔の麻痺、しびれ、感覚の低下
・言葉が出ない、会話ができない、ろれつが回らない
・目が見えにくい、片側にあるものが見えない

次に丸田先生は、自身でできる"症状のチェック方法”を紹介。「この症状が起こっているときに、麻痺しているのかどうかがわかる、手のチェック方法。目をつぶった状態で、手のひらを上向きにして両腕を上げます。通常だとこの状態をキープできますけど、麻痺がある場合は麻痺のある片側の腕が下がってきます」と話します。

続いて、顔の麻痺のチェック方法も。「笑顔を作る要領で、両側の口角を上げて『いー』と言ってみてください。麻痺があるほうの口角は上がらず、下がったままになります」と紹介。

最後に、丸田先生は「今回挙げた症状が1つでもあった場合、治っていたとしてもすぐに病院にかかってください。病院に行ったときにはすでに症状が消えていて、画像を撮ってもわからないことが圧倒的に多いので、大切なのは本人、特に家族が、どういう症状がどのくらいの時間出たのか覚えておくことが重要」と呼びかけていました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:バラいろダンディ
放送日時:毎週月〜金曜 21:00〜21:54<TOKYO MX1> 無料動画配信アプリ「エムキャス」にて全国同時配信
メインMC:垣花正(月〜木曜)、宮崎謙介(金曜)
番組アシスタント:大島由香里(月〜木曜)、新井麻希(金曜)
月曜コメンテーター:倉田真由美、武井壮、苫米地英人(随時)
火曜コメンテーター:玉袋筋太郎、内山信二、安東弘樹
水曜コメンテーター:遠野なぎこ、金子恵美、大竹まこと(月1)
木曜コメンテーター:梅沢富美男、ナジャ・グランディーバ、ダイアナ・エクストラバガンザ、小山慶一郎(隔週)
金曜コメンテーター:金村義明、ライムスター宇多丸、水道橋博士、前園真聖(隔週)、デーブ・スペクター(隔週)
バーディ:月替わりバーディ(月曜)、森山るり(火曜)、梅宮アンナ(水曜)、橋本マナミ(木曜)、井上咲楽(金曜)
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/barairo/
番組Twitter:@barairoMX

関連記事(外部サイト)