今年のGWはSTAY HOME「いのちを守るための2週間」 公園なども閉鎖

暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15~)。 今回は小池都知事から新型コロナウイルス感染防止のためゴールデンウイーク期間中の更なる自粛要請の呼びかけを紹介しました。



◆ゴールデンウイークは家にいて

小池知事は、新型コロナウイルス感染防止対策として、ゴールデンウイークを「いのちを守るための2週間」と位置づけ、さらなる外出自粛を呼びかけました。

(小池知事会見/23日)
「『いのちを守る STAY HOME週間』。
"STAY HOME おうちにいましょう、
STAY in TOKYO 東京にいましょう、
SAVE LIVES 命を守りましょう”として、
企業の皆さんの休業、都民の外出の抑制の取り組みを一層、進めます。

まず第一に、在宅を進めるため、都民、企業への呼びかけを強化します。

第二に、在宅を楽しみ、外出を抑制するための仕掛けをつくります。

第三に、首都圏で連携・協力した広報を展開します。

これら3つの取り組みをパッケージにして展開します。
とにかく家にいてください、人と人との接触機会を減らしていただきたい。
この2週間は、本当に大事な2週間になります」

関連リンク
https://www.koho.metro.tokyo.lg.jp/diary/news/stay_home.html




◆STAY HOME週間」サイト

5月6日(水)までの「STAY HOME週間」に自宅にいることを楽しむことができるポータルサイトが開設しています。

「STAY HOME週間」ポータルサイトには、外出を控えられるよう、「うちで過ごす」「家で楽しむ」ための様々なコンテンツ動画や、キャンペーンを応援しているアーティストなどからの歌やパフォーマンス、メッセージなどが掲載されています。

東京都は、このポータルサイトを活用するなどして、ゴールデンウイークが終わるまで、さらなる外出自粛、ソーシャルディスタンスの実施を呼びかけています。

関連リンク
https://www.koho.metro.tokyo.lg.jp/diary/news/stay_home.html#tanoshimi




◆都内観光地にも移動しないで

小池知事は、5月6日(水)までの連休中は、他府県への移動だけでなく、都内観光地への移動も自粛するよう呼びかけています。

(小池知事会見/24日)
「今年の大型連休は、在宅で楽しみを見つけていただくということで、不要不急の帰省や、レジャー、旅行など、他の道府県への移動の自粛を強くお願いします。

これは、一都三県共同キャンペーンとして、埼玉・千葉・神奈川からも、県民の皆さんに呼びかけていただきます。

また、都内においても、西多摩地域の奥多摩町・檜原村、伊豆諸島・小笠原諸島、全ての町村において、観光での不要不急の来訪を自粛してくださいとお願いを出しています。

これらの自治体でも、観光施設の臨時休館が行われるということです。

観光地や行楽地への外出を控えてください。自宅でお過ごしになることを重ねて強くお願いします」




◆"公園・奥多摩周遊道路”は閉鎖

ゴールデンウイーク期間中の新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、通常であれば混雑が予想される施設などが閉鎖になります。

閉鎖になっているのは、建設局が管理している全ての都立公園の駐車場と遊具広場。全ての都立海上公園の駐車場と遊具施設です。

生活の維持に必要な園内の通過は除きます。ジョギングや散歩は、少人数で混雑を避け、人との距離をじゅうぶんに保つなど、感染予防策をお願いします。

また、奥多摩周遊道路に設置している7つの駐車場も、期間中は閉鎖になります。

地域の生活環境の確保や道路管理のため、都は、ゴールデンウイーク期間中の奥多摩周遊道路の利用を自粛するよう呼びかけています。

関連リンク
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1007261/1007750.html
http://www.tptc.co.jp/park
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1007261/1007749.html




<番組概要>
番組名:東京インフォメーション
放送日時:毎週月―金曜 7:15~7:20
キャスター:久保井朝美、平川彩佳
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/

関連記事(外部サイト)