ゴミ清掃員としても働くお笑い芸人滝沢秀一さんが語る コロナ禍における “ごみの出し方”

暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15〜)。今回は小池知事と滝沢秀一さんとのコロナ禍におけるゴミについての話や、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている都内の農林漁業者などへの金融支援を紹介しました。



◆話題のゲストと "ごみの出し方”

新型コロナウイルス感染症関連の最新情報を伝えている小池知事のWEB配信で、10日、家庭ゴミの出し方などについて、ゲストの、ゴミ清掃員としても働くお笑い芸人、マシンガンズの滝沢秀一さんと話しました。

滝沢さんは、清掃員としての経験を綴った本や、ツイッターに投稿した「コロナ禍におけるごみの出し方」が注目を集めています。

(WEB会見/10日)
「普段、我々、ゴミ清掃員は、日の当たる仕事ではないですが、(新型)コロナ(感染拡大)という状況で、なくてはならない、日常を作り上げる仕事だといろんな人に知っていただけたのが誇らしかったですね」

「例年、3・4月は引っ越しとかで、基本的に(ゴミが)多かったりするんですが、(今年は)例年をはるかに超えるゴミの多さで、毎日、ずっと年末年始が続いているような感じです。おうちの片づけをするというのは、外出を控えるということで素晴らしいですが、その中でも「まだまだ使えるな」というものがある。

「無駄に捨てない」ことも、今の生活スタイルを見直すことにつながるかなと思います。今一度、考えていただけるとありがたい」

「食べ物や飲み物のゴミは仕方ないにしても、腐らないもの、洋服だとかそういうものは、分けて出していただけるとありがたいですね。どこの自治体でも、1回に出していいゴミの量は、3〜4袋、それ以上は有料になったりとかします。規則に従って出していただけるとうれしい」

「お願いしたいのは、各自治体で、ペットボトル・ビン・缶だとかを、こういう風にした方がいいよという方針を示してくれると、我々、清掃員の不安も少し取り除けるし、なにより排出者の方が戸惑わないと思うんですね」

「(小池知事)都のホームページでも、ゴミの捨て方、感染症対策としてのゴミの捨て方を紹介しています」

関連リンク
https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/resource/500200a20200221162304660.html








◆"農林漁業者”への金融支援

東京都は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている都内の農林漁業者などへの金融支援を実施しています。

農業特別対策資金は、新型コロナウイルス感染症により事業活動に影響を受けているなどの要件を全て満たす農業者が対象で、法人は1,000万円、個人は200万円まで無利子となります。

資金の申し込みなどは、最寄りのJAまたは東京都信用農業協同組合連合会に問い合わせください。

林業の事業者向け災害等対策資金は、要件を全て満たす林業事業者が対象で、法人の場合1,000万円、個人は200万円まで無利子となります。申し込み方法などは、東京都産業労働局農林水産部調整課へ問い合わせください。

そして、漁業特別対策資金は、全ての要件を満たす漁業事業者が対象で、法人が1,000万円、個人が200万円まで無利子となります。

申し込み方法などは、東京都信用漁業協同組合連合会へ問い合わせください。
いずれの資金も、受け付けは、2021年3月31日までです。

関連リンク
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/04/28/11.html





<番組概要>
番組名:東京インフォメーション
放送日時:毎週月―金曜 7:15〜7:20
キャスター:久保井朝美、平川彩佳
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/tokyoinfo/

関連記事(外部サイト)