ベビーシッターのわいせつ事件、被害に遭わないための防止策は?

TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。5月29日(金)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、ジャーナリストの中野円佳さんが“ベビーシッターによるわいせつ事件”について述べました。



◆ベビーシッターにお願いするリスクとは……

2019年6月、キャンプに参加した男子児童に性的暴行を加え、その様子を撮影したとして、警視庁は5月13日、強制性交と児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑でベビーシッターなどのマッチングサービス「キッズライン」に登録していた元ベビーシッターの橋本晃典容疑者を再逮捕。橋本容疑者は2019年11月にもベビーシッター中に男児の体を触ったとして強制わいせつ容疑で逮捕されており、今回の逮捕で4度目。調べに対し、橋本容疑者は黙秘を続けています。

保育園や学校の教員などによる性犯罪が後を絶たないなか、なかでもベビーシッターは第三者の目が届きにくく、仕事は長時間。さらには依頼者の住所や家族構成、不在時間なども熟知しているため危険度が高く、2014年にはシッターによる殺人事件も起こっているだけに、中野さんは「今回の事件は非常に重く受け止めている」と言います。

そこで、この日は被害を少しでも減らすための3つのポイントを紹介。

1つ目は「子どもに関わる仕事をする人の犯罪歴チェックを可能にすること」。中野さんは、「子どもへの性加害の再犯率が高いと言われていることを考えると、国としてこういう制度を入れてほしい」と訴えます。

2つ目は「事業者側が登録・採用のハードルを上げること」。多くのマッチングサービスを取材してきた中野さんによると、家事代行で採用をオンライン審査のみに切り替えた際、スタッフの質が低下し、クレームが続出した事例があるそう。それだけに「シッターは自分で被害を訴えられない子どもの命を預かる領域なので、法制度で逮捕歴がチェックできないなかでは、これができることのひとつ」と中野さん。

3つ目は「事業者は利用者にリスクを周知すること」。今回の「キッズライン」も審査は厳格に行っていたものの、それでも事件が起こってしまっただけに、「利用者はリスクがあることを知って使う必要がある」と中野さんは指摘。まずは在宅中にお願いして様子を見るなど、「リスクがあると知っていれば、できることもある」と注意を促します。

今回の事件を受けて「キッズライン」は再発防止対策を発表しています。MCの堀潤は現場の声として、ベビーシッターの申込者は行政へ届け出を行った上で審査しているため、行政側と事業者側で連携して犯罪歴データベースをチェックできる仕組みを要望していると伝えています。

◆ベビーシッターのわいせつ事件を防ぐには?

海外では子どもの領域で働く人は無罪証明を必須にしている国もあるそう。一方、日本で行政と民間が犯罪歴のデータベースを共有化するとなると、加害者の更正、個人情報保護などの観点から反対される向きもあるそうですが、「更正は子どもに関わらない領域でやり、各国の制度を参考にしながら導入してほしい」と中野さんは期待します。

さらに、キッズラインをはじめとするマッチングサービスには安心材料として「評価システム」がありますが、今回はそれがどう機能したのか検証してほしいと望んでいました。

公認会計士で税理士の森井じゅんさんは、働く側と預ける側の双方がリスクを考えつつ、さらに預ける側は「相手をしっかり見ることも大事」と主張。そして、「両者の間に入る会社や人の責任を今後はもっと考えていかないといけない」と言います。

一方、ファッションデザイナーの渋谷ザニーさんは中野さんの話に納得しつつも、自身はマッチングサービスなどよりも仲間に頼りたいそうで、「過去を知っていることや人となりを知っている人でない限り、僕は"子どもを預けよう”とならない」と話していました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:モーニングCROSS
放送日時:毎週月〜金曜 7:00〜8:00 「エムキャス」でも同時配信
レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/morning_cross/
番組Twitter:@morning_cross

関連記事(外部サイト)