学校再開も先生の負担が激増…今こそ地域の力を結集せよ!

TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。6月16日(火)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、ジャーナリストで東海大学客員教授の岸田雪子さんが“学校の現状”について述べました。



◆学校現場はコロナ禍で負担が倍増……

新型コロナウイルス感染予防のため、保護者や地域の住民が学校の消毒などを手伝うボランティア活動が拡大。分散登校中は同じ授業が2回あり、カリキュラムの再計画などがある教育現場の負担を減らそうという支え合いの取り組みで、一部の地域では卒業生の保護者らも参加しているということです。

ようやく学校が再開しましたが、岸田さんは「現場では今、本当に苦労が重なっている状況」と言います。その原因の1つは学習面で「勉強が遅れている分、取り戻さないといけない」ということ。そして、もう1つが「消毒作業」。机やイスだけでなく全ての備品を消毒する必要があり、なおかつ不足しているアルコールに代わり次亜塩素酸ナトリウムを使うと二度拭きする必要があるそう。

そんな状況だけに、「とても先生方の手だけでは足りない。今こそ地域の力を学校に集結する必要がある」と岸田さん。「一般の我々にもできることはたくさんある」と言い、2つの例を紹介します。

1つは「コミュニティ・スクール」。これは「学校運営協議会」を設置している学校のことで、「地元の方々や保護者などがメンバーとなり、校長先生や教育委員会に対して学校の運営などについて意見できるシステム」と解説。制度としては10年以上前からあり、3年前には法改正で全ての公立学校に設置することになったものの、「努力義務ということで、現状設置が推進されているところは2割程度」と言います。

しかし、コミュニティ・スクールは保護者や地域の人々との繋がりがあるだけに、コロナ禍でもスムーズに進んでいる事例もあることから、「地域に学校を開くという意味で、自治体はさらに推進してほしい」と岸田さんは期待します。

2つ目は、「学校・子ども応援サポーター人材バンク」。これは国が人材を募集し、マッチングさせた上で希望する自治体に名簿を渡し、各自治体が採用していくシステムで、退職した教員や学生など誰でも参加可能。学習指導や消毒など、さまざまな形で学校をサポートします。しかも、国から予算措置もあり、二次補正予算では8万5,000人分の人件費が計上されているため、例えば学習指導の支援は上限2,780円の時給など報酬が用意されています。

そんな「学校・子ども応援サポーター人材バンク」は、文部科学省のWebサイトに募集要項や登録フォームがあり、必須項目を登録すると各自治体から連絡が来る仕組みになっています。

◆2つのシステムの定着を

この2つのシステムについて岸田さんは、「コロナ禍に留まらず、地域、社会で子どもを育て、応援していくシステムを作るきっかけとしてコロナ以降も定着してほしい」と熱望。特に後者は現在1万人以上が登録し、教員免許がない一般の方々も消毒作業などに参加しているだけに、「協力できる方はお願いできれば」と訴えます。

また、子どもを見守るだけでも効果があるそうで、岸田さんは「例えばいじめを防いだり、虐待を発見したり、大人の目を増やすという意味でも学校を開き、みんなが学校に参加していく土壌を作ることがとても重要」と主張していました。

そんな岸田さんの話にキャスターの宮瀬茉祐子は、「教えるとなると荷が重い」と言いつつ、「消毒などちょっとしたことなら、コロナ禍で人と繋がりたいと思い始めているときに自分の助けにもなりそう」と話していました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:モーニングCROSS
放送日時:毎週月〜金曜 7:00〜8:00 「エムキャス」でも同時配信
レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/morning_cross/
番組Twitter:@morning_cross

関連記事(外部サイト)