マイナポイントがスタートも…マイナンバーカードの落とし穴

TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。7月3日(金)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、了徳寺大学 客員教授の網屋信介さんが“マイナンバーカードの落とし穴”について述べました。



◆マイナンバー制度誕生の背景とは?

マイナンバーカード保有者を対象に、キャッシュレス決済を行うとポイントが付与される「マイナポイント」の利用申し込みが、7月1日から開始。事前登録を行った上で、9月から来年3月までの間、スマホのQRコード決済での買い物や電子マネーにチャージすると代金の25%(最大5,000円分)のポイントを受け取ることができます。

マイナポイントに登録できるのは先着4,000万人。予算が決まっており「予算が切れたら終わり、(応募者)全員じゃない」と網屋さん。

マイナポイントと同時に、政府はマイナンバーカードと預金口座を紐づけようとしていますが、そもそもマイナンバーカードはアメリカのソーシャル・セキュリティー・ナンバー(SSN)の日本版としてできたもの。

2012年当時、国民年金の保険料を払わない人が多く、マイナンバー制度の導入によってその徴収を速やかに行うべく、日本年金機構の強制徴収業務を国税庁に統合する話があり、「つまり、マイナンバー制度と"歳入庁”(の創設)はセットだった。そのとき、社会保険や地方税などバラバラだったものを1つにし、給付金なども全部まとめようとした」と網屋さんは当時のことを話しました。

結果的には歳入庁の創設はならなった。その理由は「総務省と厚労省と財務省で誰が牛耳るのかという話。省あって国なし」。そして、こういった問題が起こったことで内閣は内閣人事院を作り、省庁の横の連携を図ろうとしましたが、「昨今の法務省の人事のように悪用されている」と指摘。

◆マイナンバーカードが浸透しない理由

日本のマイナンバーカードに対し、「良い意味でも悪い意味でもよくできているのがアメリカのSSN」と説明。SSNは1936年、ニューディール政策の一環として発行されましたが、当時はあまり浸透しなかった。しかし、1986年にSSNがないと租税法の還付ができないとなり、多くのひとが加入。SSNは現在、出生証明書の登録と同時に作成し、SSNがないと運転免許証や銀行口座の開設、クレジットカードなどを作ることができません。

しかし、3年前にSSDから約1億4,000万人のデータが流出。「みんなが不安なのはWebアプリケーションの脆弱性。自分の秘密が暴かれてしまう、マイナンバーカードは怖いという意識が国民にあるはず」と網谷さんは推測。「みなさんに言いたいのは、(マイナンバーカードは)必要性・便宜性と自分のプライバシーをよく考えて使わないと落とし穴にハマる」と主張。

過去にアメリカで生活していた車いすインフルエンサーの中嶋涼子さんは、「向こうではみんな持っていた。すごくわかりやすいし、日本もSSNのようになったらいい」と話します。

最後にMCの堀潤から、なぜマイナンバー制度が広がらないのか、その障壁について質問。これに対して網屋さんは、官僚制度とともに「自分たちのプライバシーを出すことに対する日本人の抵抗感」を挙げ、さらには「シンガポールなんて逆にプライバシーがない代わりに犯罪が(ほとんど)ない。どちらがいいのかという話」と答えました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:モーニングCROSS
放送日時:毎週月〜金曜 7:00〜8:00 「エムキャス」でも同時配信
レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/morning_cross/
番組Twitter:@morning_cross

関連記事(外部サイト)